July 20, 2018

夏の新作紹介 vol.38 PANZERIの“elefant nianco” S/S Tee


今日も外は暑かったですねぇ。結局これ、今年は約1ヶ月夏が長くなってしまったって事なんでしょうけど、この暑さ落ち着く事なくずっと8月一杯続いちゃうんじゃなかろうかと心配になります。でも北海道は今日室蘭の方とお電話でお話ししたのですが、最高気温20℃程度だそうで、むしろ寒いぐらいだと言っておりました。函館周辺も25℃前後の様ですし、羨ましい限りです。でもこの週末も本州では暑さが収まる事はない様ですので、だったらどんどんTシャツの紹介、続けよう、という事で。本当は迷ったんですけどね、ウンベルトバラーティのポロシャツ、残り僅かですけどありますので、恐らく日本で現在展開している唯一の店でもある事ですし、その良さをお伝えするべく銘作紹介をする方が良いのか?等々悩ましかったのですが。数日銘作紹介続けた事だしやはりここは新作紹介を進めよう、という事で。

このプリント自体はかつて、といってももうかなり昔で7年以上前に長袖Tシャツでやった事があります。このエレファンテビアンコ、ミラノ州のアレーゼという街のローマ通りという通り沿いにある老舗と言っても良いアジアの雑貨や家具やアクセサリーを取り扱うお店です。何しろ1979年からあるのですから、既に40年近くが経っております。

アジアン雑貨なのでこの象は当然アフリカ象ではなくインド象、インドでは白い象というのは所謂ガネーシャ、ヒンズー教の現世利益をもたらす神の化身としてあがめられているので、それにあやかったの事なんでしょうね。今迄半袖で出た事はなかったので混シーズンのラインナップに入っていたのでこれはやろう、という事で。カラーも落ち着いたブラウンとパンツェリでは数が少なくそれ故に臨んでいる方の多い白の2色展開。スポーツウェアメーカーなのでビビットな色のボディが目を惹くのですが、やはり実際他の服、ボトムとあわせるとなると基本は落ち着いた色で。勿論差し色はそれはそれでありなのですが。

それ程広くはない日本ではありますが、世界的に見てもこれでもか、というパンツェリのバリエーションを持っているB.A.Tの中でも実はブラウンボディのパンツェリの半袖Tシャツ、今迄提案された事がありません。それだけにこのブラウン、上にジャケットやシャツジャケを羽織っても色のバランスが取り易い物なので、お勧めです。サイズは近年またサイズ感の嗜好がリラックスサイズに振れている事もあり、2・3・4と3サイズ展開にしております。今迄は2と3だけで取ってきましたが、4(明らかなLサイズ)の需要が結構あるので今回は3サイズ展開です。今のところ2色ともギリギリ全サイズあります。といってもまさにギリギリ、現段階で2色とも全サイズラス1です。価格はずっとこの価格で頑張っていてくれてありがとうな4,900円(税抜)。SZ天竺のオリジナルボディでイタリア製なのにこの価格、ありがたいコスパです。

既に1色新色を追加したテイラーウッドロウの物は紹介しておりますので、今期新たに加えた4デザインのうち、これで2型紹介した事になります。残り2型の内1型は以前やった事がある物で、パンツェリのTシャツの中で最も早く売れた物の再販、もう1型は新作なので、銘作紹介と新作紹介という形で訳あって近々に紹介する予定ですのでお楽しみに。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ