August 16, 2017

晩夏初秋の新作紹介 vol.1 “Peace Guitar ” Tee


こりゃあ天気は諦めるしかないか、と思ったら、今日は比較的良い感じに過ごさせて頂きました。そこまでは暑くはなく、雨も降らず。途中で寒気が入ったのか俄にかき曇り気温が下がったのでヒヤッとしましたがもったので。

さて、昨日の紹介は新作ではなかったので、本日が晩夏初秋の新作紹介の初回になります。その最初の紹介はチャンピオンボディのTシャツの残してある3型の内の1型です。

平和は武力によって保たれない、相互理解によってのみ達成出来るのだ、と書かれ、ギターのネックから枝が延びて花が咲いている絵が描かれているデザインです。ある意味とても判り易い1枚ですが、これ引っ張ったのには一応根拠がありまして。ほら、今週末からサマソニ、サマーソニックが開催されるので。フェスの元々のテーマはやはりラブ&ピース、ロックへのシンパシーを共有する事で国も育ちもそれ以外も違う者同士が、友好な関係を築けるのだ、というメッセージはピッタリかな、と思いまして。

残り2型は内容的な共通性はないのですが、メッセージがテーマなのは共通なので一緒に晩夏初秋に引っ張ったのですが、この1枚は今週の紹介にしようと決めていました。価格はこのシリーズ共通の3,900円(税抜)で、コスパも良いですしメッセージ性のあるTシャツというのはその内容を着用者が判って着ていると、大人な着方だと感じられるのは私だけじゃないはず。

何とかまだSとMどちらも在庫があります、天気さえ良ければ夏は夏なので、晩夏なTシャツ、オススメです。残りの2型も近々に紹介させて頂きますので、お楽しみに。


August 15, 2017

晩夏初秋の新サービス紹介 vol.1 +SOLEのSneaker Repair System

なんで年に合わせて5日程度しか取っていない休みの日に限ってこんなに天気が悪いんだか(汗)
明日も同じ様な天気な予報です。さて、一応そんな訳でお休み中なので、前置きは少な目に、なるべく書くのに時間を使わず休養に努めようと思います。

しかし本日紹介するのは新作ではありません。初めてこんなタイトルをつけましたが、そう、新作ではなく新サービスなんです。これはヒロシキダを展開する木田氏の新たなる取り組みで、スニーカーを履き込んでソールが磨り減ると廃棄していると思いますが、そのソールを綺麗に削り落としてそこにマッケイ製法では特注のウェルトを取り付け、様々なソールを取り付けて全然違う別物に生まれ変わらせようというものです。

これ、普通のソール交換と何が違うの!?とお思いの方は多いでしょう。しかし決まったラストで纏めて作れる量産品と違ってバルカナイズド製法のスニーカーのソールを削り落とす手間はかなりなもので、更にビブラム社のほとんどのメジャーなソールを装着可能にしていますし、クレープソールも使用可能。

試しに自分で使っていたサワのレザースニーカーをヒールセパレートのクレープソールで換装してみました。それがこれ。

実は木田氏が揃えているサンプルにはこのヒールセパレートタイプのソールの物はありません。その為にリクエストしたのですが、かなり良い感じに。しかも一度やってしまえばウェルトの下の張り替えは複数回可能。次はまた違うソールにしようとかもアッパーが生きている限り可能です。

気になるお値段は18,000円〜20,000円でほぼ収まります。一般的なオールソール交換の1.5倍になってしまいますが、上記の手間隙をかけてシステムを実現していますので、それでもかなり頑張っています。夏期休暇明けの18日からご注文をお受け致します。ソールは死んでるけど捨てられなくて取ってあるスニーカーを再び履く事が出来るのはとても嬉しい事ですよね!

という事で18日から某百貨店に先駆けて受注致しますので、沢山お持ち下さいませ。

では連休初日の新機軸、ご検討を。

August 14, 2017

明日から3日間夏期休業とさせて頂きます


あ〜あ、昨日もだけど結局今週いっぱいこんな天気なんですねぇ。
水不足を解消する程の雨が降る訳でもないのですが降ったり止んだりのお天気で。店の窓から駅前を見てもそれ程歩いている方がいらっしゃらず、都内からいらしたお客様がおっしゃるには新宿や渋谷も人通りは通常の土日等に比べてとても少ないとの事でした。さて本日はそんな中夏休みのお客様を中心にセールの権利をお使いにいらっしゃる方がチラホラと。Tシャツ等を中心に減りが進んでおります。

とはいえ本日でセール期間終了、明日から3日間夏期休業とさせて頂きます。でもブログは休まず新作紹介を続ける予定でして。前回失敗した二の轍を踏まない様に本日しっかりと写真だけはサーバー状にアップしておりますので、出先でもスマホから書く事が出来ます、なので先に書き溜めてから休みに入る、という昨年迄の苦労が必要なく、1つ1つ書けば良いという事に。

そして明日からは晩夏初秋の新作紹介に切り替わります。その晩夏初秋の新作紹介と織り交ぜて、来週の後半を目処に考えていますが昨年もやりましたがお客様から複数リクエストがあったので、秋冬の入荷予定をダイジェストで3回ぐらいにまとめてお送りしようと思います。それを基に購入計画を再度練り直したいという方がいらっしゃいまして、確かにそれがあると色々と便利だよね、と思いますし。

そんなこんなで明日から3日間お店はお休みになりますが、取りあえず晩夏初秋の新作紹介とスニーカーのリファイン企画である+ソールの話をあわせてその間もこのブログは更新を続けますのでお楽しみに。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ


August 13, 2017

夏の新作紹介 vol.42 Masion Chato LufsenのDead Stock Irish Linen Hand Made Stripe Tie


今日は雨降らないっていっていたのに結局夕立があり。こりゃここから1週間ずっとこんな天気なんでしょうか。それはそれでなんかパッとしない感じですよね。梅雨前よりも今頃の方が雨の日が多い気がします。折角ペルセウス座流星群も極大日を向かえているのにこれじゃ見れませんし。今日はお盆の迎え火の日。16日が送り火なのでお盆休みというのは本来この13〜16日が日本の風習なんでしょうけど、暑くてしんどいのはなくて良いのですがせめて曇りで通して欲しいものです。

さて今日は夏の新作紹介としては最後の紹介です。

ここ迄引っ張ってしまいましたがシャトー・ルフセンのデッドストックのアイリッシュリネンで作るネクタイのもう1型がこれ。普段あまりストライプのネクタイは取らないのですが、これはどうやってもレジメンタルな配色ではないですし、生地感もありますので爽やかに締めるのに良いかな、と。

写真であわせているのはロロピアーナのシャークスキンの生地のスーツですが、やはり夏にネクタイするとなるとこういった見てくれも実際もどちらも確実に涼しいであろう物じゃないと周囲の人が暑苦しく感じてしまいます。実際今シーズンこのネクタイを含めシャトー・ルフセンのアイリッシュリネンのネクタイは夏のネクタイという提案自体がかなり現代においてはニッチなものになっているにも拘らず良く動きました。グレーの先に紹介している方は完売していますし、これも引っ張っていましたがそれは既にラス1になっていたので売れてしまったら紹介出来ないし紹介してすぐに売れて終わってしまうというのもどうかと思ったからでして。でも何とかこの時期迄残ったので、これ再現性がないデッドストックの生地で作られているネクタイだけに、来年分もチョコッとは確保出来たと思ってこの時期に敢えての紹介に踏み切ったのです。

今時ハンドメイドといって本当にミシンを使っていない手縫の物というのは恐らく先進国の中では統計学的には0%になってしまうぐらいの微々たる量しか作られていないでしょうし、それだけにそういう物に対して意義を感じて対価を払おうという方はとても少ないです。それでもそれは人間が積み上げてきた文化の1つの到達点であり、ミシンで綺麗に縫ったり正確で均一な織りの生地ではその味にする事が難しいと言いますか、わざと手仕事や均一じゃない雰囲気を出す為に機械の性能を下げるというおかしな事をしないといけなくなります。

これが電子機器や精密機械であればそんな味なんて不要なのですが、完璧な出来映えを至上の物と評価しないのがこういった人の生み出してきた文化の面白さなのでしょう。価格は16,000円(税抜)と、ハンドメイドのネクタイとしてはこなれた価格設定ですし、気になった方は残り1本なのでお早めに。

さて、明日でファイナルセールを含めセール期間は終わります、夏休みの方は是非遊びにいらして頂きたいですね、明後日からB.A.Tも夏休みで3日間お休みになりますので。皆様のお越しをお待ちしております。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ


August 12, 2017

夏の新作紹介 vol.41 Children of the discordanceの“Good Night” Tee(B.A.T別注)


連休中日にして多くの方の夏休み2日目。昨日程ではありませんが過ごし易い夏日です。流石に8月中に1週間のうちで最高気温で13℃差(37℃の日と24℃の日があるなんてねぇ)とかは考えていませんでしたが、結果として関東以北ではこのままでは冷夏という事になってしまうかもしれない状況になりつつあり。昨日は流石に何処の道路も混んでいて車で移動するのは憚られる感じでしたが、今日はもう随分と落ち着いている様で。でも遠方からは電車でいらっしゃる方が多かったです。先週のお祭りでの駅前封鎖で懲りたというか同じ轍は踏みたくないという事だそうでw

そんな中夏休みだからでしょうか、今日は嬉しい事に新規のお客様が珍しく複数いらっしゃいました。夏休みで時間が取れたから来てみた、とおっしゃられていたのですが、いらした方は皆様ネットショップもブログもしっかりとチェックしてきて下さいまして、ある程度これが欲しい!という物を決めていらしたので、それはそれで押さえつつじっくりと楽しんで頂けたかと思います。明日明後日は今日以上に天気も安定している様ですし、より多くのお客様にいらして頂きたいものですね。

さて昨日予告しておりますが、昨日紹介したTシャツと対になっているもう1枚が今日の紹介です。

昨日のがグッドモーニングで今日のがグッドナイトです。そりゃまぁ対ではあるよな、とご納得頂けるかと。しっかしシュールさでいったらこちらの方がよりシュールな感じですよね。昨日書いた様にグッドモーニングの方はその言葉と写真から映画を連想して、という感じでしたがこちらは写真からしてストレートです。グッドナイトはオヤスミという解釈ではなく、安らかに眠れ、と解釈するべきものだとして、少なくともロシア以外は十字架の下に埋葬されても安らかに眠れないお国でしょうし、それを戦った相手にも敬意を表しているんだといわれても死んで迄相手の文化に塗り潰されていると捉えられてしまうかもしれません。

こちらは写真はともかくとしてテーマがグッドナイトだったのでよるという事でボディカラーをネイビーにしております。こちらもレディスサイズであるXSとS・Mの3サイズ展開をしていまして、価格も同じ10,000円(税抜)です。今回サイズ別注をして判った事、むしろこういうテーマはノリで着るよりも複雑に絡み合う世界情勢に対して理解や思うところのある方が着ている方が素敵です。やっぱ一家言無いと着ている物と着用者の為人に乖離があって変ですから。勿論、それはこういう痛烈な皮肉を込めたTシャツを着て米国大使館前を歩いてやろうというのでも構わないのですが、そういったメッセージ性もTシャツならではな遊びだと思うので。

さて色々な物がここにきて減っていますが、手頃な事もあってチャンピオンボディのTシャツ、紹介した分は完売したり残っている物はほぼ全てラス1になっています。晩夏初秋の新作紹介に取ってある3型はテイストが少々違う事もあって残っていますが、どうやら紹介するとそこから一気に減る傾向にあるので、引っ張っていますw

それ以外にも今日はTシャツがかなり減った上に、サンダルとスニーカーも減っておりますし、新作のサブトラクトのカットソーも減っておりますので、連休中お出かけしていない方は是非いらして下さいませ。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ