June 25, 2018

夏の新作紹介 vol.19 Mr.attickのAsymmetry Border S/S Sweater


昨日はまだ梅雨前線は太平洋上にあるんだし、今日は暑くなるみたいだけど梅雨明けは暫く先だろう、なんて書きましたが。今日見たニュースの気象予報士によると、これから数日続く30℃前後で晴れの多い日々の間に、この梅雨前線、雨も降らさずに日本海側に押し上げられてしまう、という予報を出しておりました。となればこのまま大して雨も降らないまま梅雨明けになってしまう、という事も考えられるそうな。どうなんでしょ、でも暫くは暑い日が続く事が間違いない様です。

パテントプリント、本日動いていて、コリャ紹介しなきゃ駄目かな?と思いつつ、紹介し始めたら一気に紹介してしまいたいというか、他のを交えて紹介していくよりも纏めて紹介する方が何やら良さげなので、今日の所はこれも人気で減っているのでMr.アティックのもう1型のスペシャルアイテムを今日紹介する事にします。

これ単なるボーダーのカットソーもしくはニットだったら取らなかったんですが。まずその徹底したニットとしての作り込みが目を惹くのです。ニットとしての作り込み、というのは各パーツを全て目減らしをして整形していて、更にその各パーツを組み合わせるのはリンキング、縫い合わせではなく編み合わせという事です。そしてこのボーダーの場合、前身と後身、身頃と袖のボーダーの柄を完璧に組み合わせている、という事。それがまず完璧に作られているという点で作りにおけるクオリティはとても高いのです。

そして。身頃の中心ではなく右に寄った所でボーダーのピッチを変えております。そしてそのピッチを変えた上でネイビーのラインの幅は同一のボーダーの柄合わせをキッチリした変則的なボーダーニットです。左ポケットのボーダー部分も生地との柄合わせをしていて手抜かりは一切なし。更に左右の脇にはハンドポケットも付いていて、機能自体をデザインとして加えております。

更に糸も綿糸とポリエステルの吸汗速乾糸を撚って肌触りと機能性を両立しております。これもう1色あったんですけどそれがベタベタにネイビー×白だったので、それはまぁいいや、という事でこのカーキ×ネイビーのみを取りました。そしてB.A.Tの判断としては珍しい判断となるのですが、ニットに関しては中国で作ろうと日本で作ろうとプログラムと機械によるものならクオリティに差は出ないので、中国でキッチリ上記のクオリティで作って12,800円(税抜)ならむしろそのコスパでこのクオリティ、ありがたいよね、というジャッジで。比較的トレンド指向のシルエットの取り方をしているブランドなので、現在Sサイズのみですが、通常のMサイズ位の大きさはあります。なので殆どの方はこれで大丈夫かと。

惜しむらくは秋冬に関しては休止が決定していて来春のコレクション迄に体制を整えられるかどうか、というのが不透明な状況ですが、それでも今回のクオリティに関していうと素敵な作り込みとその割にコスパも良いアイテム構成です、残り僅かですがこれ、お勧めです。是非チェックしに要らして下さいませ。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ