May 03, 2018

春の新作紹介 vol.21 meagratiaのRayon/Cotton British Mix Unconstracted Jacket (B.A.T別注)


結局今日も午前中のうちに天気が回復し、過ごし易い良い一日になりました。大気の状態が不安定との事でしたが、取りあえずこの周辺には雷雨もなく、これならどうやら4日間、充実したGWになる事でしょう。

本日いらしたお客様が、モンタリアーニのシャツのオーダーをなさっていかれました。いやぁ、ここのこの上なくイタリア人気質に悩まされてきた経緯を書いてきた事もあって、生地見本を見つつなかなか踏み切れないお客様が多い中、英断を持ってファーストペンギンとなって頂いたお客様には厚くお礼を申し上げつつ、他の皆様も是非トライして頂きたいですね。そして本日紹介するジャケットを含め、今シーズンの取扱いアイテムの中でも珍しい生地の物が本日複数入荷しております。告知していた通りザチノリバイブドのハーフパンツ2型とメアグラティアのジャケット・パンツ・ベストです。取りあえずまずはジャケットから紹介しておこうかと。

形としては先に紹介しているのと同じ仕様の別注ですが。こちらはメアグラティアのオリジナル生地です。ユニオンジャックをモディファイして連続柄にした、との事で他にはなかなかない大きさの柄になっております。面積の広い部分で生地の表情だけの写真を撮ろうとしたのですが、この柄の大きさだとどうしてもその辺が上手くいかず。背中の広い部分を使ったので柄自体ははっきり判って頂けると思いますが、どうしてどうして、なかなかに珍しい大きさなのです。

結果としてこの柄、ユニオンジャックのモディファイというよりもグリーンのベースと相まって、何やら北アフリカ辺りのエスニック柄に近い感じに仕上がっており、今回このジャケットと以前紹介しているモンタリアーニの茶系のブッチャー生地のシャツなんかを合わせると、とても良い感じに土臭いのに洗練されたコーデになり、且つ今迄にない提案なのでとても新鮮なんじゃなかろうかと。

あれですね、英国とアフリカ、となるとケニアとかかつての英国領だったあたりのサマースタイルを連想してしまうのですが本当は他でも今シーズンアフリカ系のカラーリングを提案する予定でした。でも何故かそういうテーマだったブランドでテーマに沿って発注した物が悉くボツってしまい・・・その点メアグラティアはオリジナルの生地を仕込んでいたのでバッチリでした。

形としては同じですが、この生地のパンツもこれ迄にない顔になっていますし、こちらは3ピースで提案すべくベストも作っています。その辺も含めてこの生地、面白い提案だと思っております。価格は先に紹介しているのと同じ50,000円(税抜)、サイズも同じ1と2の2サイズ展開です。ビジカジ対応とはいきませんが、そういう縛りを取っ払っての提案ですので、是非服を楽しむ事に目を向けてオフの1枚として検討して頂ければ、と思います。

連続になりますが、明日はベストの紹介を考えておりますのでお楽しみに。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ