March 08, 2018

雨の中の展示会廻り、ゲンナリです・・・


もうねぇ、これが冷たい上に結構な降り方で降ってくれちゃったので。しかも先週に引き続きもう一度きていなかった1ブランドの為に三軒茶屋スタート。ここ駅から10分以上歩くので、付いたら既に結構濡れており。ちなみにこの春からの取扱いとなるHAWKWOOD MERCANTILEの来秋冬物だったのですが。いや雨を押して行くだけの甲斐がありました。秋冬のアウターがまぁ素敵な事。とはいえ・・・・なんかこのテイストのものばかり次の秋冬集めちゃっている気がするのですが・・・良いのだろうか、これで。

マックアーサーパーカ、と命名されたワックスコットンといってもかなりなドライワックスですが、ワックスコットンを使った表地に着脱可能なボアのライナーを装備したオールドミリタリーコートです。このブランドのデザイナーもヴィンテージミリタリーウェアが大好きで、これ米軍じゃなく英国軍が一時採用していたフィッシュテールのアウターを素材を吟味してデザインはそのままに作った物だそうで。モッズコートと外見的に違うのはポケットの仕様ぐらいでしょうか。いやしかしとてもいい味なんです、これが。中綿仕様のグライダージャケットというのもなかなかに良かったですね。英国製でデタッチャブルライナー仕様でラルフローレン等のテキスタイルデザインを手掛けていた方が吟味した素材を当て込んだアウター、それでアンダー7万となるとこれどうしてくれようか、と悩ましいのです。いやねぇ。今年ダウンもモッズコート型取ってるし、英国ブランドでウォータープルーフでプリマロフト中綿なフーデッドコートを来週見に行って付ける予定だし、どんだけ同じ様な切り口で色々揃えれば良いのだ、と自問しているのですが、それでもやりたいと思えるのはやはりこれ凄く良いって事なんでしょう。

もう一型ポケットがユニークなシャツジャケというかオーバーシャツも良かったので、その3型からアウターを1型に絞るかどうかって感じでやる気です。それでちょっとテンション上げて次に向かいました。ペイデイは新作がないのでまぁ何かしら長そうかな、という程度でしたが、オードーンはまぁまぁで。これも来週には届く予定ですが、今シーズンからの取扱いブランド。デンマークのスカンジナビアンデザインにサーフテイストを加えた新しい切り口のブランドで、オーガニックコットンのTシャツとシャツを今シーズンはラインナップしていますが、今回見に行ってもシャツが何気に良かったんです。テキスタイルの選び方が特徴的で、単なるチェックではなく幾何学柄なんだけどチェックを崩した様に見える物や、ストライプだけど織柄だけで表現しているとか、なかなか他に鼻息時を使っています。それでいてポルトガル生産で14,000円というのは嬉しい価格です。なんだろ、本来ならわたくし、シャツについてはかなり煩いと自負しておりますので、いくらユーロ生産でもここ迄ベーシックというか縫製仕様にも何の変哲もないシャツなんてあまり目を留めないのですが、ここあれですかね、スカンジナビアンデザインという先入観にやられているのでしょうか・・・いやそんな事はありません、やはり生地とツルッとしたデザインとのバランスがやはり北欧の魅力だし他にはないからだ、と書いていてデータを再確認して納得しました。

ウール素材のカバーオールもあるのですが、これもまたワーク臭さがないというか北欧特有のクリーンな感じ。それでいてサーフを謳うだけに(デンマークにサーフスポットは皆無の様ですがw)程良いスポーティな感じになっています。今回はこの辺でしょうか。

そして最後にとにかくもう今更盛夏物は発注しないぞ、と堅く誓って廻っていたのですが思わぬ伏兵が。いやぁ、これでもこの仕事を始めた頃はひたすらに米国西海岸、廻っていたのですが。こんな文化が存在しているなんて知りませんでした。スライトリーチョッピーというロサンゼルスの南、ニューポートビーチでビーチフラッグなんかに使われるペナントの様なフラッグをひたすらに手作りで作り続けているメーカーがあるそうで。ブイなんかに付けられていたりするからサーフカルチャーと深く関わっていて、そこと更に南のコスタメサにあるサーフショップのオリジナルブランド、アーモンドとのコラボTってのが持ち込まれておりまして。あれでしょ、もうここ迄読んだだけでもあぁ、好きそうだな、そういうネタ、とお思いの事でしょう。ええ、そうです、好きですとも!!
という事でそのコラボTだけ発注するつもりです。しっかり米国製だし。6月以降の上がりと言ってるし、そのハンドメイドなレトロな旗をモチーフにしたデザインがチャラい感じの一切ない大人味を出してるし。ひたすら締めてんのになぁ・・・・でもこういうのに出会うから展示会廻りする意味もあるのだ、と言い訳がましい事を書いておきます。

とまぁここ迄廻って本日はお仕舞い。ホークウッドは英国好きな方に、ユニークな切り口のユーロ製北欧ブランド、オードーン、これはこれでニュートラルにドレスに寄り過ぎないカジュアルを考える方に。そしてアーモンド×スライトリーチャッピーは夏の目玉に。

最初は雨の中10分以上歩くのゲンナリ、とか思っていましたが結果として渋谷から千駄ヶ谷迄歩いて展示会を廻り、そのまま新宿迄歩いたので三軒茶屋から新宿迄この雨の中休み休みとはいえ歩いてしまいました。まぁね、日頃運動する時間取れていないんだからこういう時ぐらいはね。とはいえ流石に寒い中歩いてそれなりに疲れたので今日はこの辺で。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ