October 11, 2018

秋の銘作紹介 vol.1 Enhance Elemennt×DickiesのChester Coat


この微妙な気温から若干下がると秋らしいという事になるんでしょうけど。それでも出来れば秋晴れでその気温というのが望ましく。どうもこの週末ははっきりとしない天気の様で。まぁ今日もそうでしたが。でも曇っていて雨もぱらつくのに25℃予想の最高気温というのはけっして快適な訳じゃなく。チョコッと歩くだけでなんか微妙に汗ばむ感じでしたね。

とはいえ、これは絶対廻らねばならないという展示会は今週はなく、来週にインポートの最終、ウォルスオルとかパンツェリとかがあるのでそれはチェックするとして、むしろ問題は明日なのですが。渋谷でメアグラティアがアマゾンファッションウィークのランウェイに参加するので。一応最初からずっと取り扱ってきていて別注迄している身としては行くべきなんですが。でも金曜日の15時過ぎという日程なので。悩ましい・・・駄目元で様子見て行けそうなら行くね、というお話はしていたのですが。どうかなぁ・・・・
この話を書いたのは、東コレというかこのアマゾンファッションウィーク、傘下ブランドのランウェイをネット配信しているので。明日以降公開されますから是非皆様に見て頂きたく。やっぱこういうので知名度が上がるというのは着ている皆様にとっては嬉しいじゃないですか。特に最初から華々しく東コレデビューとかでスタートするんじゃなく、クリエイションを地道に提案してきていて、それに好感を持って購入していた方にしたら、そこから満を持してのファッションウィークに参加というのはそれを見て興味を持つ方よりもアドヴァンテージがあるというのも気持ちの良い事でしょうし。

さて、そんな話を長々と書いてきましたが、今日は秋になって初めての銘作紹介。先だってヤーモの一重のワークコートを新作紹介しましたが、そこで書いた通りでこの手の物、私が個人的に最も好きなウェイトというかこなしの物なので、今迄も色々と提案してきております。またこの手の物は絶対で必要だから買う真冬の防寒着ではない、という点で持っている人の服装に対する指向が判る物でもあり。という事で同じ様なウェイトでこれは珍しいというのが今日の紹介です。

このエンハンスエレメントとディッキーズのコラボのチェスターコート。ええ、形はしっかりチェスターコートなのです。ポケットもスラントポケットでチェンジポケット付きと凝ったディテールで正調な物になっております。でも何故か左脇にチョコッとついたディッキーズの織りネーム。何故そこでそれを付ける!という突っ込みもですが、これパターンはエンハンスエレメントですが、生産も生地も全てディッキーズ側によるもの。なので定番のパンツに使われているのと同じコットンポリエステル混紡のストレッチツィルを使用、結果として非常にカッチリとした正調チェスターコートをそこはかとなくマスプロダクトなワークテイストに振っております。

その結果、英国のリアル40'sワークなヤーモとも、フランスのトラディッショナルなワークウェアを提案しているラボレゥールとも違う、今な東京の雰囲気を多分に反映させたこの時期に着れるコートになっています。これはこれで実に楽しいです。

比較的Aラインに近いシルエットなので中に多少着込めますし、このバランスはこれはこれで実用性も高いです。ベージュの方がSとM各1、グレーの方がSのみ2着在庫があります。価格は29,000円(税抜)とアンダー3万で買えて着用時期の長いチェスターコートタイプのロングアウター、オススメです。

さて、明日はそろそろ更に気温が下がるみたいですし、となれば秋の新作紹介を進めるのに丁度良いでしょう、新作紹介の予定ですのでお楽しみに。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ