October 01, 2018

秋の新作紹介 vol.5 PANZERIのRENAURT GALIMBERTI L/S Tee


台風一過。でも真夏日ってのは本当に勘弁して頂きたいものです。本日お休みで遊びにいらしたお客様も、今日はどうにも秋物を買うのに実感が湧かない、という事で色々検討した上でですけど決めかねて後日また、という事に。

昨夜は本当に荒れてきた22時頃迄運行していた京王線、逆に今朝は大荒れだった様で、仕事からの帰りに寄って下さったお客様がおっしゃるには朝の山手線も散々だったそうですし、天気はピーカンで気温も真夏な中、通勤は結構なストレスだったみたいです。

どうも次の台風25号の影響もあって直撃はなさそうですが次の週末も結構な気温、夏日にはなるという予報が出ております。やれやれ。

それでも長袖Tシャツは問題ないですよね、着用に。確かに日中は夏日になったりしていますが、朝晩は15℃前後迄下がってますから半袖1枚で過ごすのは明日以降は一寸しんどいでしょうし、多少の季節感を考えても長袖Tシャツ位にしておいた方が良いと思われ。

という事で。

今シーズン取ったパンツェリの長袖Tシャツで紹介していない最後の1型なのですが。前回紹介した際に書いた通り、こちらも過去にデザインとしては半袖Tシャツでやっております。でももうかなり前でして。そう考えると積み重ねた歴史というのは自分で書くのもなんですが侮れないもので、これ、2011年の春夏で取ったプリントと同じです。という事でそちらの生地がアーカイブにありますのでプリントに関する情報はその記事を見て頂くとして。

グレーのボディに黒ベースのプリントととても使い易くニュートラルなバランスです。こちらはルノーなのでフレンチな感じで着て頂ければ。かつての物は首元と袖の端の色を切り替えたトリムTシャツでしたが、今回は無地。汎用性では間違いなくこちらの方が上です。面白さというか珍しさでは以前の半袖Tシャツの方でしょうけど。

日本人の若者の車離れが話題になって久しいですが、確かに都市生活者には車は不要。でもお国柄やその国の文化の象徴としての自動車メーカーというのは1つの看板ではあります。その辺考えてもこれはなかなかに使い易い1着でしょう。サイズはレディスサイズの1、そしてメンズの2と3があります。価格は同じ6,500円(税抜)です。

てな感じですが、バイオグラフィーの長袖Tシャツで1型紹介していないのもありますし、何だかんだで暖かい日が続く様ですが、油断していると本来の気温になると途端にブルゾンやジャケットという事になりかねませんので、新作紹介は進めておこうと思います。明日も何かしらかの新作紹介を予定しておりますのでお楽しみに。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ