January 22, 2018

判っちゃいたけどやっぱりね、という


いやもうそのまんまです、やっぱ雪ですよね、今日は雪。これしか話題はないってぐらい雪。毎度の事ながら東京都心部と八王子を比較する中継、何とも釈然としないというか、いやそりゃ降りますよ、降りますけどね、多摩川越えたら雪。というか多摩川越えたら気温3℃ぐらい下がるから。でも毎度毎度引き合いに出されるよねぇ。しかし今回は橋本周辺、予報を越えて早いうちから雪が積もり始め。一度雪掻きしましたけどあまり意味がなく。又一面の雪景色に戻ってしまいました。

左が丁度12時の写真、そして右が19時30分の写真です。既にお昼の段階でかなり積もっていまして、おいおい、これから後18時頃から本降りになるとか言っているけど、今の段階でこれなんだからそんな事言ったらこれからどうなるんだよ、と思っていましたが、やはりこうなりました。

ここ迄降るのは4年振りという事ですが、一昨年も1回だけそこそこ降りました。4年前は降った雪が溶ける前に再度降ったので被害が甚大でしたが、今回は明日以降晴れの日が続く様なので、4年前の様な事にはならなさそうです。とはいえ、まぁ明日の雪掻きが思いやられます。しかもまだ1月ですから、雪が降るのは今年は今回だけで済むとも思えず。連チャンで降らなければ良いのですが。

で、明日以降の気温の推移を予報で見ると、木曜日にはこの辺りはなんと最低気温が−9℃とか出てるのですが。水曜日も−6℃になっております。これ溶けないじゃん、というか溶けてもまた凍るじゃん、という突っ込みを入れたくなるレベルの寒さです。いや今年はこれからガツンと寒くなる様ですし。やはりダウンにしろ中に着るセーターにしろ、ホカスラに代表される暖かいパンツにしろ、冬服をしっかりと押さえておく事が不可欠な感じです。ここ迄気温下がっていませんでしたからね、ここ数年。

梅春物の投入も来月には始まりますが、それでもこれは3月一杯迄はどうやっても冬の気温が続きそうです、セール期間中に押さえておく事をお奨めします。という事で本日は私も20時きっかりで店を閉めて上がります。ではまだ帰宅途中の皆様、お気を付けてお帰り下さいませ。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

January 21, 2018

冬の銘作紹介 vol.7 SAWAのLeather Sneaker


明日はもう確実に雪予報になってますねぇ。先週の予報は関東平野は雨なんじゃないかなんて言っていたのに。しかももう既に京王電鉄は間引き運転等でダイヤが大幅に乱れる可能性をインフォメーションしているという。ピークは18時以降の様なので、取りあえず出勤は大丈夫でしょうけど帰りは危ない感じですし、こりゃ明日はお客様の足も鈍いだろうなぁ・・・・でも雪が降るとなると何故か血というか心というか、騒いでしまってやってくる方もいらっしゃいますし(笑)、普通に営業はしますけどね。

さて。一昨日のザンスもそうですが、意外に紹介し損ねているもの、というのがチラホラとあり。また話題にしていない事もあってひっそりと佇んでいますが実は美味しい物、というのもありまして。そういう物を再度掘り起こして紹介するのってこれ又意外に楽しい事でして。色々と見ていたらザチノリバイブドなんかでも紹介していないもの、というのがチョコチョコとあり、こりゃぁ紹介しないといけないなぁ、と思いもするのですが今日のところは残りが少なくなっている事もあってこちら、SAWAのスニーカーの紹介です。


素朴ながらクオリティの高い素材でアフリカ全土から素材を集めてエチオピアで生産されるレトロレザースニーカー、サワ。未だに諦めてはいないのですが、現在日本には代理店が存在せず、エチオピアへのODAを請け負っていたJICAのコンサルタントの伝手で直接やろうとして頓挫してそのままになってまして。いずれ折りを見て再度トライしてみようと思っておりますが、レトロなスニーカーとしてはヨーロッパ生産(まぁ殆どがポルトガルなのですが)のものと比べても遜色が無く、第三世界支援的な発展途上国の経済への協力という社会活動の側面もあり、このメーカーは引き続き取り扱いたい、と思ってはいるのです。

で、今回はモデル名ではなくレザースニーカーと書いたのは、スウェードの物だけがDr.ベスというモデルで、残りの3つはラフリカというモデルだから。別々に紹介しても良かったのですが、今回は新作紹介じゃなくこれは良い感じな物だから皆さん再度目を向けてみて下さいね、という趣旨なのでフルラインナップで並べてみた方が良いかなと。ちなみに私は自分でラフリカのネイビーを愛用していて、ソールが摩耗したので+ソールでヒールセパレートのクレープソールに張り替えて復活させております。アッパーのレザーがなかなかに丈夫でソールに穴が悪ぐらい迄履き込んでもアッパーは元気なので、そういう使い方をしても楽しいですね。

一時的にこのクオリティとフレンチな設計思想とシルエットに対してアフリカ製という珍しさからユニバーサルランゲージで迄取り扱われたりもしたのですが、現在日本市場にもう殆ど流通しておらず、とても珍しい物になっております。でも結構これファンが多く、ネットショップを見て在庫等について問合せをしていらっしゃる方が時折見られます。なので一度掘り起こして置いた方が良いんじゃないかと思って今日の紹介になりました。

かつて取り扱っていたデンマークのトリムなんかも同じ様な事が起こり、代理店が取扱いを止めて国内に入ってこなくなってから探す方が増え、遠方からやってきてまとめ買いをする方が複数いらっしゃり、結果として持っていた分は完売してしまったのですが、このサワもこのままだとそういう位置づけになりかねないブランドです。レトロレザースニーカーというのはデイリーな服との親和性が高く使い易いので是非チェックしてみて下さいませ。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

January 20, 2018

セールの権利、まだ使っていらっしゃらない方は特に。


そこ迄寒くない1日でしたが、明日はもっと下がり明後日はどうやら雪の可能性が高まってきている様で。そんな中ですが、昨日今日と遠方からのお客様を含め、色々と押さえていかれる方が多く、その雪の事もあるからでしょうか、ダウン等アウターを中心に色々と減っております。

PHデザインズは今年の新色ラスト(オレンジ)が完売。ネイビーもラス1になっていますし、チェッセ・ピューミニの1000フィルパワーのダウンも危なくなってきております。スーツもここにきて減っており、パンツに至っては昨日紹介した事もあって、他店よりも格段に安くカラバリも多いベルナールザンスのパンツを見にいらした方と、ザチノリバイブドやテレリアゼッドのパンツを押さえにいらした方とで1日でパンツばかり5本近く動きました。そろそろ本格的な寒さもやってきておりますし、足りないところを補完しようという方が多いという事でしょうか。

そして。書こう書こうと思って書いていませんでしたが、この時期のもう1つのイベント、福袋組み、というのをやっている方がこれ又今年は結構いらっしゃいまして。M'sブラック、やモンツキ、デザインホリックやイーツォ等を中心に、現在取扱いしていないもしくはブランドがなくなってしまっているところを中心に、1点物になっている物が殆どですが、ご自分の気に入った物を組み合わせて定価4万円分で1万円、以降定価6万円分で1万5千円、8万円分で2万円、と5,000円刻みで組む福袋を今月いっぱい組んで頂けます。美味しいところはどんどん減ってはいるものの、まだまだ楽しく組んで頂けると思います。まだやった事のない方はこの機会に是非やってみて下さいませ。

さて、タイトルは何かといいますと。プレセールに対してファイナルセールを行いますよ、という告知でもあります。セール期間は2月14日迄ですが。それに対して今月内に1点20%オフのセールの権利を行使された方は、2月1日より14日迄の間で、もう1点お好きな物を20%オフでお買上げ頂く事が出来る権利を付与させて頂きます。

ですからまだ本セールの権利をお使いになられていない方は、今月内にお使いになって頂ければ、来月1日から14日迄の間でもう1点20%オフの権利を使って頂く事が出来る、という事です。勿論既にお使いになった方は当然同様の権利を有している、という事で。

結構皆様、靴下や手袋等を含めてセールの権利を行使しつつ、1点につき1回引けるくじ引きで春の新作にも使える割引を引き当てるべく色々と策を練ってお買物をなさっていますが、2月14日迄で新作に使える、となると2月迄粘って新作が来てから使おう、という我慢というか買い控えはあまり意味がない、という事で。1月に使わなかったから2月に2点、という事はありません、あくまで1月中に本セールの権利を行使された方に対してファイナルセールとしてもう1点、という事です。

勿論この時期に初めてご来店の方でも何かお買い上げして頂いて登録して頂ければ同様のセールの権利は使って頂けます。

20日迄引っ張って書こうと我慢してきましたが、漸く20日になったので早速告知という次第です。是非ご利用下さいませ。明後日はそういう訳でどうやら雪の様ですし、明日の日曜日、沢山の皆様のお越しをお待ちしております。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

January 19, 2018

冬の銘作紹介 vol.6 Bernard ZinsのMoleskin “WILLIAM”


今日も遠方からお客様がお越しで、お帰りになってからブログを書いているのでこの時間です。写真は撮っていたのですが、これが色々と修正加工が必要でして、それが漸く終わったのでブログが書けます。昨日予告した通り今日はベルナールザンスのパンツの紹介です。これもアーカイヴの過去ログを確認したのですが、ベルナールザンスのパンツ、過去に2回紹介していますが、1回が初めて取り扱った際のピケの物、そしてその次がシルクリネンの物。つまりどちらも春夏物で、秋冬物については全く紹介していなかった事が判りました。でもどちらかと言いますと春夏よりも秋冬生地の物の方がガツンと取り扱っているんですけどね。

この手のブランドってどうしてこうなるんだろう、と思うのですが現状全く同じウィリアムというモデルで同じ生地の物、税込にすると4万を超える価格で出されています。B.A.Tで取り扱っているのは国内に代理店があった時に取った物なのですが、この当時は25,800円で提供されていたのに。更なる売上げを目指して代理店契約を解消してエージェントだけを置く様になったベルナールザンスですが、その結果取扱いをしている大手セレクトショップチェーン、好き放題に価格を付けてくれちゃいまして。それで現在38,000円+税とかで売られているのですが、これって要するにセールプライスで4割引にして我々が売っているのと同じ価格になる様な設定って事で。こういうのは法的には全く問題はないので批判すべき事ではないのかもしれませんが、それでもやっぱりぼったくられている感は否めませんわな、消費者目線で考えたら。

だからエージェントは把握していても新たに取り扱いはしていないのですが、さてその中でも最も長きに渡って取扱いをしているのがこのモールスキンのウィリアムです。細すぎはしませんが若干のテーパードをかけたオーソドックスなモデルで、非常に汎用性が高く、シルエットがある程度極端な細身からリラックスシルエットに回帰している現在、タイムリーな紹介かも知れません。で、それだけにカラーバリエーションも豊富です。


ベーシックカラーに加え最初に前後の写真を載せている様なレンガ色も取っていて(というかむしろ個人的にはこの色がキモなのですがw)、現在カーキ・ネイビー・ベージュ・チャコールと合わせて5色展開しております。中でもレンガ・ネイビー・ベージュの3色はそれなりにサイズも揃えております。

本来なら毎シーズン欠けたサイズを足して1色新色を加えて定番展開していこうと思っていたのですが、その価格になったら私はノーサンキューですね。テレリアゼッドにも言える事ですが、リスクヘッジをするのは良いですけど、その分を価格に転嫁してユーザーに負わせる、という発想はビジネスとしては理解出来ますが、消費者の立場からしたらどうにも納得し難く。そしてその言い訳としてブランドバリューだなんだというのを持ち出すのだとしたら、そんなお題目に踊らされる消費者はあまりに哀れだと思わなくもありませんし、その結果がアパレル不況を招いているのだとしたら自業自得って事になりますが、それと同列に扱われるのは私は嫌ですねぇ。ありもしないところに価値があるかの様に謳って利幅を取るというのは霊感商法の壷と同じ様な理屈ですから。その辺に一線を画せる様に足掻いているのですが、そんな事言い出すと煙たがらるのが関の山でして(汗)

とはいえ。少なくともこの価格で買う分にはこのブランド、シルエットも内装も生地も全て高水準でバランスの取れたメーカーですので、美味しいんじゃないかと。今日いらしたお客様もおっしゃっていましたが、4万代の綿のパンツはやっぱ躊躇しちゃいますが、その値段で押し通ってしまっているパンツが2万円台半ばなら随分と説得力のある事になりますよね。在庫がなくなったらお仕舞いなので、あるうちにご検討を。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

January 18, 2018

のんびりし過ぎてブログ書くのがこんな時間にw


展示会が1カ所だけだという事で、夕方のんびりと展示会に行き、これ又のんびりとご飯を食べて帰ってきたらこんな時間に。下手に19時20時に帰ろうとすると電車は混んでるわ、着いてもご飯屋さんはかなり閉まっているわで哀しい事になるので、新宿ご飯をして帰ってまいりました。

いやぁ、ファーストデイオブイシュー、良かったんです、とても良かったんですが今回はフランクリーダー色が色濃く反映されておりまして。何でも1stコレクションと今回の2ndコレクション、そして来年の春の3rdコレクションを揃えると全体像が完成する、という趣向になっているそうで(そんな事1stコレクションの際には伝えられていないのですがw)、そうなるとなんか1stコレクションを取り扱った身としてはやらない訳にはいかないじゃないですか。そう思いつつもその最初の良かったんですが・・・というのになるかといいますと、まず生地はドイツ特有なヘヴィジャーマンジャージというのをベースにしております。そこにヘヴィなモールスキンであるジャーマンレザー、ヴィンテージ復刻のベッドリネンを組み合わせたカットソーになっております。この時点である程度目端の効く方は私の躊躇いに察しがつきそうなものですが、そう、これ本気にフランクリーダーのコレクションラインの定番生地を随所にちりばめていますから、メインコレクション程じゃないんですけどそれでも結構な価格になってしまっているのです。かといってオリジナルの生地はそりゃ素晴らしく良いですし、何よりこのコレクション、こう書くとなんですが綺麗なんですw
どうしてもフランクリーダーやポールハーンデンのコレクション、その生地からの作り込みは素晴らしく良いのですが、綿であってもその生地の作り込みが故に結構なお値段になります。これはSEHケリーやナイジェルケーボンの英国ラインにも言える事ですが、その作り込んだ生地を作る技術や生産者がなくなってしまわない様にする為にはその労働の対価を惜しむべきではない、と思いつつ、私は皆様に提案する身ですからお客様のライフスタイル等を考えてその額を出して下さいと言って良いものなのかどうか、というのを常に考えております。日々その消費者目線でのジャッジと掘り下げて作り手と同レベルの気持ちでクリエイションを楽しむマニアックな自分との鬩ぎ合いなのです。

で、長年のたくっているとその辺の匙加減に対してどうやって摺り合わせていくのかを冷静に見る様になってくるので、そうなるとガンガンいこうぜ!とはならんので。でも書いた様にそんなコレクションを繋げて1枚の絵が完成するみたいな事を言われたらそりゃ取らない訳にはいかんやないですか、という事に。何やら罠に嵌められた感も無きにしも非ずですが(笑)、やる事はコレクションを見て決めてきました。

とはいえ。秋の立ち上がりに紹介する感じなので。そして前回と違って天竺でも裏毛でも生地値が変わらないぐらい作り込んでいるので、そうなるとTシャツが著しく高く感じてしまいます。もしTシャツをセレクトするとB.A.Tにおける過去2番目に高額なTシャツになってしまうので(ちなみに1番はドリーミングオブザシャイニングスターのスワロフスキーを数百個使ったヤツです)、秋冬である、という事でそれは無し。で、何と使っている工場とそのスペシャルな生地の関係で丸首スウェット・被りのスウェットパーカ・前開きのスウェットパーカの3つで価格が変わらないという事になっておりまして。という事で帰りの電車の中で絵型を確認しつつ、前開きスウェットパーカをやる事にしております。早っ!という感じですがこれ来週迄に発注出すので、今週末にいらして自分の分だけ被りのパーカを取れ、とか丸首スウェットを取れ、というリクエストにはお応え出来ます。

そしてこれは意外な伏兵だったのですが、120年以上続く鞄を中心としたトラディッショナルなトータルブランド、サイルマーシャルの秋冬限定モデルの鞄類がとても良い感じでした。元々良い感じなんですけど、今尚家族経営を続けて消耗品ではない価値ある物を妥協なく作り続けるメーカーだけに、それなりなお値段がします。なのでコレクションを見てはいるけどスルーしていたのですが、なんとフラップや片面にフォックスファーを使用していて、そのファーミックスな冬鞄としてはそこそここなれた価格に落ち着いておりまして、だったらやっても良いかな、と。とはいえもう完全に飛び道具、秋冬特化型の鞄になります。その代わりこれ秋冬鞄としてはハリスツィードの鞄どころじゃありません、下手に狩猟区に近い山林を彷徨いていたら撃たれかねないぐらい存在感があります。

でも昔かつてスイス軍山岳部隊が第1次大戦頃迄使っていたという鹿の毛皮張りのバックパックを見た事がありますが、それには劣るものの使い易さを含めればこれ、流行り廃りを超越した色褪せない素敵な鞄です。なら沢山はいらないけどチョコッとは欲しいな、と。でもムラムラとキャンバス色別注したいとか、モデル違いの物に換装して型ごとスペシャルにしたいとか、いけない欲望が湧いてきて困っております。血迷わなければそのままチョコッと取る事になりますが、これユニセックスに受けそうなアイテムなので、どうなるのかは結果をお楽しみに、という事で。

とまぁ今回はこの2ブランドがキモでした。取りあえず価格を考えなければ物自体は眼福と言って良い素晴らしい物ばかりでしたし、それ以上に色々と盛り上がって楽しい時間を過ごしてまいりました。資料はありますし、後日画像データも送って頂く事になっておりますので、週末はこちらもご覧になって頂けますので是非お越し下さいませ。

明日はなかなかブログで紹介で紹介してこれていなかったパンツのうち、とても価格が高騰していてB.A.T価格がセールプライスの様になっているベルナールザンスの秋冬パンツについて紹介する予定です。こちらもお楽しみに。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ