December 27, 2017

冬の新作紹介 vol.21 Heinrich DinkelackerのCordvan “Luzern” Doppelmonk


年の瀬が迫っているのでどういう順番で今日を含めて残り4日間を使おうか、悩ましいところですが。あ、ちなみに先に告知しておりますが、明日は木曜日ですが営業致します。仕事終わりな方が多く早く上がって時間が取れるからいらっしゃる、という方が多いと思われますし。そうなると遠方の方にとっては紹介出来るものは先に紹介して押さえられる様にしてくれよな、と思うところですよね。

悩ましいと書いておいてこういう書き方もなんですが、明日迄は決めています。今日が昨日予告した通りハインリッヒ・ディンケラッカーの今シーズンの別注の紹介、明日が日本でも取り扱っているところが少ないイタリアのグローブメーカー、グローブスのグローブの紹介、ここ迄は決めているのですが、残りをさてどうしよう、という事に。フィリッポデローレンティスのタートルネックセーター・ロイヤルロウのトラベルスーツ・ロイヤルロウのツィードジャケット・ケスティンヘアのハリスツィードのパンツ・フォーティスのフォークランドコート・PHデザインズのニューデルタジャケット、とまぁここ迄は冬の新作紹介として紹介しておきたいところなのですが、ここに書いただけで6型。他にもいくつか来年に持越しを決めている物もあり、さてコリャどうしてくれようか、という事に。2日に対して6型ですから。とりあえず重い後の2つは来年に廻す、という方向で残る4つのうち2つを選ぶのに頭を悩ませている、という状況です。

ま、その辺は明後日のお楽しみにしてとりあえず今日の紹介に入ります。

ずっとやってきていなかったこの色、英国やドイツではオックスブラッド、オールデンではチェリーと表記されてきた色です。ディンケラッカーで今迄ブラック・ネイビー・ダークコニャック・ウィスキーと4色はやってきていますし、コンビネーションもやっていますが、唯一やっていなかったのがこのド定番、鉄板カラーです。

でもコードヴァンの値上がりと汎用性と使い易さを考慮して当面コードヴァンのディンケラッカーについては新たな発注はしない方向で、と考えた時に最後の最後にどうせなら一番使い易いヤツをやっておこう、と思い立ちまして。でも良くも悪くも最も判り易いコードヴァンだけにどんなモデルにしてくれようかと悩みに悩んで出した結論がこれです。

そもそもが私はディンケラッカーのラストの中ではこのルツェルンが最も好みです。判り易く典型的なのはブダ、そしてそれに近いけど汎用性を加味したのがリオ、大概はこの2つのラストだけが世に展開されていますが、私としてはヨーロッパにおいて最も評価の高いラストであるルツェルンを推しております。そしてどうせオックスブラッドを使うのならコードヴァンの靴を展開しているオールデンやトリッカーズが持っていない形にしよう、という事に。

で、このダブルモンクをソールの仕様を三つ編みノルウィージャン+OKギムウィック社のラバーソールという組み合わせにして別注する事に。上記2社にはダブルモンクというモデルが無いですし、何よりベーシックなオックスブラッドに合わせてウィスキーやダークコニャックやネイビーと違って単色の糸で三つ編みして汎用性を高めています。汎用性を高めている、といっても差別化と靴としてのレベルの高さを追求するとノルウィージャンである、という事は私としては外せませんw

まぁ当面コードヴァンはやらない予定ですので、なんとか年内に入ってきたこの渾身の別注モデル、是非押さえて頂きたいものですね。といっても現段階でサイズは6ハーフと7のみになってしまっております。これは!という方、お早めに。

という事で悩ましいですが30日迄は新作紹介を続けますので、お楽しみに。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ


Posted by mercier at 20:45:00 | from category: Main | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments

ロマン:

これは素晴らしいですね。
もちろん、バックルはゴムではなく革で留めてありますよね?
(January 01, 2018 13:25:38)

mercier:

いえ?
こちらはバックル側のストラップ、表から見えない部分はエラスティックにしています。

コードヴァンですし、ボナフェのダブルモンクチャッカブーツのところで書いていますけど、過去にAmazonがこのブーツをコードヴァンで出した際に、履く事を考えずにレザーにして半数近く返品になってしまったという黒歴史が。元々最初は堅いコードヴァンですし、ホール位置で丁度良い方しか使えないというのでは困りますので。プロダクトとしての美しさと実用性は必ずしも一致しない、という事です。まぁ爪先側の方はレザーでも良かったのですが、エラスティックなら伸びたり切れたりしたら交換可能です、なら履き易い方が良いだろうという事で今回は両方ともエラスティックにしていますね。
(January 03, 2018 13:09:07)
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)