August 15, 2018

明日の16日は木曜日ですが営業しております


今日も暑かった・・・・そして雨も。結果として気温自体はそこ迄じゃないのですが、中途半端な雨のせいでまぁ湿度の高いこと高いこと。

さて、明日からまた通常営業になります。通常営業といっても木曜日なので、今日迄の3日間お休みした分の振替営業といったところなのですが。

休みを頂いて出掛けている間も、色々と問い合せのメールや電話が入っておりました。このブログを読んで頂いている皆様は把握していらっしゃいますが、久しぶりにいらっしゃる方等で告知を知らずいらしてしまった方もおられ、恐縮でした。とはいえ明日はしっかり営業しておりますので是非お越し下さい。

問い合せがあった物の中で顕著なのはオーダーメイドスーツと即戦力であるハケットやロイヤルロウ、そしてナルデッリといったインポートスーツについてです。まぁこんなにもカジュアルなデイリーウェアを主にしておいて、スーツについてここ迄拘る店もそうそうないと思いますし、お盆ともなれば先日から新作紹介のタイトルが変わった様に晩夏初秋を見据えての事をお考えになる方が多い、という事なんでしょう。そうはいっても何しろファイナルセールも本セールをまだ使っていない方も19日迄使用可能なので、その辺を最大限有意義に使うとなると、スーツという選択肢は間違いのないところでしょうね。

という事で明日は営業しております、明日は旧盆そのものなので、明日迄は夏休みの方も多いでしょうし、19日迄お休みの方も多くいらっしゃるでしょう。是非多くの方のお越しをお待ちしております。という事で明日に備えて本日はこの辺でw
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by mercier at 21:50:00 | from category: Main | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments

浪漫:

上陸間もない頃のハケットのスーツは一枚襟で、非常に上手く縫われていたのを思い出しました。
今は、ちょっと高いスーツでも二枚襟のものが多いような気がします。
(August 16, 2018 11:15:13)

mercier:

いやぁ・・・上陸間もない頃ってのはまだ英国で作られていましたし・・・ハケットの仕様で英国で作るとどうなるか、それってニュー&リングウッド以上の価格になってしまう、という事です。

それじゃぁ結局対費用的に実用とクオリティのバランスが悪い、つまり好きな人が楽しむ為に買うスーツになっちゃいますからねぇ。生地や縫製仕様等のクオリティを量販スーツと差別化が図れる様にして、尚且つその実用性を求めたら10万前後というのが1つの目安だと私は思っております。そのぐらいは日々の仕事の服装に出そうと思える職業意識を含め。

20万前後というか前程度迄にすると俄然クオリティは高いですけど、そうなるとデスクワークや営業廻りで潰してしまうのは嫌だ、と思う人が多いでしょうから。

その辺のコンセプトとしては現行ハケット、丁度良いのです。ただしその販売効率と汎用性を求めるあまりシルエット1型のみに絞ってしまうのはあからさま過ぎるのでどうかと思いますが。
(August 16, 2018 12:34:43)

浪漫:

袖丈が長いままスーツを着ている人が多いのは何故なのでしょうかね?着ていて邪魔ではないのかしら。
テレビのキャスターでも酷くサイズが合っていないスーツを着ている人もいます。
(August 16, 2018 20:06:33)

mercier:

TVの場合は衣装で、個人個人の物でないスーツというかジャケットですから。ある程度のバリエーションを揃えた衣装提供の中からスタイリストが選んで着せている可能性が大です。

本来ならオーダーメイドスーツでサイズ完璧、更にドレスコードやコーディネートについてもばっちりというのが望ましいのですが、日本ではそうはなりません。

袖丈長いままでスーツやジャケットを着ている、という理由については色々な事情があるでしょうけど、説得力のある解としては大半が適正袖丈とか考えていないというか、仕事だからいやいやスーツをお仕着せとして着ている人が多く、そういう人は取り敢えずスーツ着ていればどうでも良いから、というのが1つ。

そしてもう1つは靴のソール交換をするかしないかと同じ様な理由で、こちらに因るところが非常に大きいのではと思えてなりません。というのはこれ、例えば15,000円のグッドイヤーウェルト製法の靴を買ったとして、これヒールだけ交換するならやるでしょうけどオールソール交換するか?という事です。オールソール交換、グッドイヤーウェルト製法だと容易ではありますが、それでもやると12,000円程度はかかります。となるとその価格差は3,000円。だったら同じ価格の新しいの買っちゃった方が良いんじゃないか?という判断をする人、多いでしょう。同じ様に1万円でスーパーで買ったスーツ、2プライススーツ量販店で19,800円で買ったスーツに対し、袖口作っちゃってたら肩からしか上げられないからどうやっても5,000円以下にはならないと思いますし、基本7,000円とか取ると思われますが、それ出して直すか?という事に。そこでジャストサイズにしたいから出そう、という人は、本体安くてリーズナブル何だからそのぐらい出してきちんと見える様にしようという判断が出来る人。残念ながらそんな人とても少ないと思うんです。

となれば世の大半が量販店かスーパー程度のスーツを着ている事を考えたら、裾上げ以外のお直しをするのを嫌厭する人多いんじゃないかと。

浪漫さんがそうではないのは素敵な事ですし、私自身ジャストサイズへの調整を勧める身ですが、大衆への客観的な分析と自分の思い入れは一緒くたにしてしまうと視野が狭くなるので、こういう人が多いという事実とそれに対して本来どうあるべきかという事とは分けて考えた方が良いでしょうね。
(August 17, 2018 12:09:33)

koichi0217:

オーダーメイドスーツも気になりますが、
スラックスやジャケットの方がより気になります!
転職検討してる所がジャケパンOKなので(^-^)

しかし、確かにスーツに関してはこだわらないかこだわるかははっきり分かれるところかなと思います。
私なんかは大金持ちではないですが、やはり10万辺りっていうのが実用性を含めた所かなと思います(^^;)
(August 20, 2018 13:33:20)

mercier:

ですよねぇ・・・・実用品でしかないという発想で安けりゃ安い程良いというのも良い大人の認識としては就活していた時から進歩がないというので残念ですし、かといって名の知れたブランドネームに何らかの権威があると思ってその名前があればサイズがどうかと縫製仕様がどうかとか考えないまま、というのも哀しいです。

でもそれでも実用品ですから、30代40代の可処分所得等を考えても10万辺り迄が良い、という方が多いでしょう。正直実用品としての意味合いによりウェイトを置けば5万から7万程度の物がより望ましいとは思いますが、オーダーメイドの楽しみを考えるとその辺りが落としどころかなぁ、と思います。
(August 21, 2018 17:41:54)
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)