April 15, 2018

春の新作紹介 vol.11 WALLSALLのNEW BASIC PLAIN TOE


春の嵐、と言われていましたが12時どころか10時半頃には既に雨も上がり、風は強かったですけど正直拍子抜けでした。それでもやはり夕方迄今日は日曜日だというのにどなたもいらっしゃいませんでした・・・まぁそうですよね、あの天気予報では午前中はグダグダっと過ごして午後になって暖かいししょうがねぇ、何処か出掛けるか、という感じになっちゃいますよね、これ。でまぁ今日いらしたお客様もムロエクセを見て、アレルスを見て、そして今日の紹介となるウォルスオルのプレーントゥを見て、という感じでした。あ、それとファーストデイオブイシューのTシャツもですけど。正直私も入荷していますからこうしてプッシュしていますし、プロダクトとしての面白さというかコンセプトの文化度の高さと他のユーロブランド等との親和性の高さから今シーズンのTシャツの中でも白眉である事は間違いないのですが、出来ればTシャツはもうちょっと引っ張りたい気持ちもあり。ただやはりこれだけプッシュしていたら皆さんこれを見にいらっしゃいますし、見て良い感じだな、と思ったら買っちゃいますよね、そりゃ。その辺の減り具合と押さえるタイミングを考えつつ今使えるアイテムを押さえる判断が微妙な所です。

さて、では本日の紹介であるウォルスオルのプレーントゥ。

これ昨日お知らせした通り、定番のプレーントゥです。定番なんですけどマイナーチェンジをしております。というのもこのファクトリー、OEMを出している英国のメーカーから生産管理の方が派遣されていて、その結果昨シーズンより劇的にクオリティが上がりました。元々悪い物じゃないのですがB品率が減り納品がしっかりされる様になりましたし、1足1足の仕上げがより綺麗になりました。

それにより価格も若干上がってしまってはいますが、まぁ仕方がありません。今シーズン投入される新型は全て21,000円になっていたのですが、唯一この定番プレーントゥだけがお値段据え置きの19,000円(税抜)という設定でして。これ実は移行期間というか、先シーズン19,000円で取っている所が多いし定番展開している所が多いから今回は据え置き、というだけで来秋冬にはこちらも21,000円になる事が判っております。2,000円程度とはいえそのお得感から今回は丁度黒とボルドーの在庫が切れている事だし、こちらにする事にしたのです。

でもそのマイナーチェンジがとても良い感じでして、まずラストは若干トゥのボリュームを増やしてバランスを取り、レザーのスムースカーフの鏡面仕上げも徹底しております。今まで以上にコードヴァン的な表情になっているのは見ての通りです。更にソールは今回からダイナイトソールに変更され、これによりアッパーの革の耐水性と相まって、全天候型の革靴にして見た目はサービスシューズ的な形なのでオンオフ関係なく使えて天候にも左右されないとても汎用性の高い1足になりました。

店頭に並んでいる数が少ない鏡面仕上げの革靴ですが、それは単に私があまり鏡面仕上げの革の靴が好きじゃないから。でもこれに関してはビジネスに使うにしろオフに使うにしろ、もうウォルスオル随分長い事取り扱っていますが最も使い易い1足なのでこれはやろうと思いましたね。

そしてこれ、普段どうしても日本人足と言われる甲高幅広で格好良く履ける靴が無いんだよなぁ、という方にもオススメです。という事で今回とても良い感じにマイナーチェンジしたので価格の事もあって取りましたが、来シーズンは恐らく他のモデル取るのですが、完売もしくはサイズ欠けしたら再度取る場合21,000円になってしまいますので、ささやかですが1割程値段が違うんですから是非この機会に押さえておきましょう。

このブログを読んで頂いていて、でも遠方だったり高額アイテムに気後れしてしまったり、はたまた混だけ長いブログ書いている人と何も知らないままにコミュニケーション取れないんじゃないかと危惧したりでいらして頂いた事の無い方、新大学生や新社会人の方、そういった方にもこのウォルスオルのプレーントゥはお勧めですので、是非いらして頂きたいものです。

ではサイズのあるうちにご検討を。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by mercier at 22:25:00 | from category: Main | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)