June 29, 2018

夏の新作紹介 vol.23 PATENT PRINTの“Electric-Lamp” Tee


ブログの書き出し、当たり障りがないのと多くの人が状況を共有して情報にも意味があるので、お天気の話をネタにする事が多いのですが。ここ最近も梅雨明けについて書いてきましたよね。何しろ梅雨時だというのに雨降らなくてこりゃ水源地に雨降らないままだと水不足になりそうだし、流石にまだ梅雨明けはしないだろう、なぁんて書いていたのに、観測史上初めて6月の梅雨明け宣言が出された関東近郊。梅雨明けというのは実は9月頃になってからそこ迄の天候の動向を吟味して、この日が梅雨明けでした、と後出しするものだそうで、あくまで現在のは梅雨明け宣言であって実際の梅雨明けかどうかは後から判断するものなのですが、それでも6月に宣言するのは初めてだそうです。

そんな事もあり本日は34℃迄気温が上昇し、こりゃ堪らん、という暑さでした。当面この暑さと雨の降らない天気は続く様なので、これはTシャツの紹介を進めるのには丁度良いかと。暑いけど。

パテントプリント、最後の1枚はこのシリーズの中でも群を抜いて人類史に光り輝く発明です。かのトーマス・アルバ・エジソンの白熱電球の特許申請図案です。絵だけだと機械式で動かす自転車やコーヒーパーコレーターに比べて地味ですが。そこにはエジソンのサインも入っていますし話を転がすにしても何しろエジソンですから。

エジソン。小学校の図書館にもその伝記は必ずあるという有名人。子供の頃から多くの人が知っているこの方の発明の中でも最も有名な物のうちの1つです。苦学して独学でここ迄辿り着いたエジソンですが、並んで有名な電話に関しては電信電話会社を特許と共に半分の特許を持つベルに譲ってますし、電力はエジソンの主張した直流よりも、彼がケチョンケチョンに貶してましたがテスラの考えた交流が世を席巻しておりますから、ある意味この電球だけが主な成功作です。

とはいえ、エジソン商会製の何処で鳴っているかが主ベルの配電盤で確認出来る呼び出しベルが、かつての日本の首相でもあった西園寺公望邸でも採用されていて現在に残っていたり、実際に実用化されている製品も多々出ており、彼が存命中はその様々な発明を世に送り出していた様です。

そのエジソンの歴史に残る発明をTシャツにしているので、多くの人がこれ見たら“おお!これがあのエジソンの電球の特許申請図案か!”となりますわな。そういう意味でも判り易くて良い感じですね、このデザイン。ちなみに判り易さからか一番人気で減ってます。サイズは他のと同じでSとMの2サイズ展開、価格は7,800円(税抜)です。

さて週末ですが、明日は6月最後の日なので、6月お誕生月の方とまだプレセール使っていない方は明日が最終日です。そして日曜日、7月1日より本セールを開始致します。くじ引き準備しておきますし、夏のハッピーバッグも日曜日から解禁されますので、プレセール使った方も是非お越し下さいませ。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ