April 20, 2018

春の新作紹介 vol.13 Le minorのHeavy Border L/S Tee (Limited)

いやもう、ほぼ夏ですね、これは。とはいえ最低気温は10℃強なので朝晩はこの季節そのままなのですが。でも夏日、25℃前後というのは昼間は長袖Tシャツ1枚で丁度良く過ごせる気温です、流石に日曜日は夏日どころか真夏日に近い様なので、半袖Tシャツの方が良いでしょうけど、恐らく当面の間は長袖Tシャツの方が丁度良いでしょうね。

という事で、投入されたのは随分と前なのですが、ここ迄引っ張ってきていたルミノアの長袖Tシャツが本日の紹介です。

これ実は2月に投入されていたのですが。昨年のモデルは3月には紹介していたんですけどねぇ。それは昨年のが結構ダークなカラーだったから。それに対して今年の限定カラーの物は昨年とマイナーチェンジした物と1色だけ完全新色という提案でした。そして今回やっているこの2色のうち、グリーンの方は半袖で昨年展開している物に使った生地の生成りの部分を白にしただけのマイナーチェンジ、白×パールグレーの方はそのまま継続カラーなのです。どちらも昨年半袖でやっていたので、それ等を今回は長袖Tシャツに。ちなみに昨年長袖でやったもう1色は昨年サクッと完売してしまったので。同じ物を再度作るのは趣味じゃないので今年はそれ半袖に廻しました。更に完全新色の方も半袖にしているので、今年の長袖は半袖でも良い位の爽やかな色になってしまいまして。

その結果季節的に確実に暖かくならないと一寸紹介し辛いよなぁ、という事でここ迄引っ張る事に。

でも個人的に白×パールグレーの方はベーシックで使い易いけどパールグレー自体が通常使われていないグレーなのでやっておこう、という程度(でも定番が良いという方が多いのも事実w)ですが、このグリーン、フランスの漁師の漁着として使われていた事やフランス海軍が採用している事からどうしてもマリンテイストと思われがちなこの手のボーダーにしては、山系な香りのする物なので。とても珍しく、例えばですけどシンプルにジーンズに足下を同じグリーン系のレザースニーカーやコマンドソールのカントリーやアウトドアなテイストの靴を合わせると、それだけでアーバンアウトドアな感じに仕上がります。昨日も書きましたが既に桜は緑1色、杉花粉は治まって近くの高尾や奥多摩等の山々も新緑の季節です。こういう時にこのグリーンのボーダーの長袖Tシャツを着て自然の中で過ごす、なんてのはとても素敵なんじゃなかろうかと。

それが山ではなく、新宿中央公園でも昭和記念公園でも景色と一体感のある素敵な装いだと思います。

ありがちな事として長く服を取り扱っていると単に服だけしか見なくなってしまったり、世のあり様と提案する服とが乖離してしまったりしてしまうもの。私としてはお客様と共にある事、日本人としての四季折々の季節を愛でたり、日常生活の中に風流を感じる心意気というか受け継がれてきた文化に根ざした提案をする事、同じ様に洋服を本来生み出して発展させてきた国々の文化に対するリスペクトを忘れない事をキモに命じてセレクトしております。こういうアイテムの発注時にも必ずこれを着て送る日常生活や出掛ける先をイメージして判断しております。そういう視点から考えても今回の長袖Tシャツ、これから暫くの時期に着てしっくりくるものだと思われますので、オススメです。サイズは3と4の2サイズ、MとLだと思って頂いて大丈夫です。価格は据え置き12,000円(税抜)です、この週末、是非この辺チェックしてみて下さいませ。

という事で半袖Tシャツも長袖Tシャツも、シャツもですけど良い感じに使える時期になりましたし、天気も良い様なのでこの週末は是非足を運んで頂ければ、と思います。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ