April 16, 2018

世に問題になっている自治会の事


穏やかな一日でしたが。エイヤッとばかりに更に店頭の整理を進めていた、といいますか、ミドルゲージ以上のニット類をストックの一番奥に入れる、という作業の為に店頭に出ていた春夏物の在庫を何とかしまい込みました。それによりハンガーラックの下に在庫も含めて出ていた為に山積みになっていたカバーオールやワークジャケット等が一気にスッキリ致しました。まぁ整理が進めば清々しいですし、いや良かった良かった・・・・

で、この期に先日1回分使って書くつもりだ、と書いておりました土曜日いらしたお客様と心行く迄お話ししておれず、20時きっかりに閉めて出掛けなければならなかった事情について書かせて頂きます。服飾とは全く関係はないのですが、まぁお付き合い頂ければと。

というのもこれ、タイトルの通りで日本全体で社会問題になっている事でもあり。PTAというのについても同じ様な事が言えますが、基本強制力はなくその地域の人や例えば子供が学校に通っている人等、構成メンバーの任意の良識によって成り立っている組織の存続、というのが現代ではとても危うくなってきております。交流する相手は自分で選ぶ、その人間関係だけで十分だ、という人が現在ではとても多くなっています。私はそれはそれで構わないと思いますし、基本的なスタンスとしては私自身もそれで良いと思っております。でも社会のあり様はそうではありません。

私は自分が経営者なので、その点についてお客様を含むずっと多くの方が組織に属して働いていますので、多くの方の方が実感している事だと思いますが、例えば会社に入って同僚は選べませんよね。上司も選べませんし配属等の人事権は会社側にあります。それはもう仕方が無いから仕事のうちと割り切って過ごすけれど、オフになったらそういう煩わしい付き合いはしたくない、という人も多い事でしょう。でもそうなると仕事の上でミスしても情に訴える様なフォローを求めた所で普段の関係性が深まっていなければ難しいでしょう。己のミスでなくとも何か問題が発生した時に誰の責任でもないのに私の責任ではないから関わりたくないと全員が言ったらどうにもなりません。それが人為的なものであれば元凶となった人を吊るし上げる様な事もする人はしますが、地震や津波や台風等の天変地異や、最悪某国からミサイル飛んできましたみたいな時に、自分にだけ都合の良い行動が取れるなら良いですが、何らかの相互協力が必要な場面もあるでしょう。

私事ですが、東日本大震災の時、私は店にいましたが子供がまだ保育園に行っていました。ここ橋本は3線利用駅ですが京王線も横浜線も相模線も止まってしまい、2日間陸の孤島の様になってしまいました。近くなのですぐに私は引き取りにいきましたが、共働きじゃないと保育園には入れませんから、都心部へ仕事に出ている両親が共に着たく手段を喪失した状態にあるご家庭も複数ありました。ここで保育園はじゃぁいつ迄子供を見ていれば良いのか、という事になりますよね。停電していますし保育士さん達にもプライベートがあり、子供のいる方なんかは自分もほんらいなら向かえにいかねばならない立場です。で、何を言っているんだ、給料貰って子供を預かっているんだから緊急時にも園生の対応が優先だろう、というのは簡単です。でもそこに職業倫理だ人道的立場だを持ち込むのは私は間違えていると思っております。規定の20時迄は延長保育で預かる事になっていますから、家庭がないとか残れる人に職務を任せて20時迄は良いでしょう。しかしそれ以降は緊急だからといって両親が向かえに来れない状況であっても雇用契約とか法を盾にするなら、警察にでも預けて自分達が帰宅した所で責める事は出来ないと私は思います。しかしそれでも停電の暗闇の中で電話も繋がらないのに、何人かの園生を何とか親が戻ってくる迄面倒見てくれた保育士さん達に、それが当然とは言えないでしょう。自分ならやらない人がそれを棚に上げて相手にだけやれというのは身勝手な要求ですし。それはお互いの関係性があってこその対処なのです。

で、まぁPTAは置いておいて、今回は自治会の件なのですが。わたくし、困った事に同じ自治会の区域内に自宅と店があるという(汗)
それもあって子供は子供会に入っていますし、私も自治会に入っています。自治会のお祭りの提灯を店名入りでという事もあってお金出していますし、やれ廃品回収だ夏祭りだどんど焼きだという時には出来る限り参加して設営や撤収の手伝いもします。今では少なくなりましたが、それでもかつての自治会長を始め役員の方でお客様もいらっしゃいますし、そういった相互扶助活動は何かあった時の為にも参加しております。しかし、近年はマンション1棟全てが規定の事として自治会費を徴収されているのが面白くないとか、これまた近年の高齢化社会にありがちなオチですがどうせ老い先短いんだから引きこもって暮らしているから必要ないとか、そんな理由で脱会するという事もおきており、昨年の今頃、到頭その流れでわたくしの住んでいるマンションもマンションとしては自治会から脱会する、という事になってしまった話を書いておりました。私は単独で加入し直して入っていますが、この高齢化を理由に脱会するというのは年々目立つ様になっていて、それ故に今回書いている問題が発生してしまいました。

自治会というのは本部があってそこから区に分かれ、その区に更に班がある、という組織です。その班の班長というのが今年回ってくる事になっていたのですが。何をするって自分の班のお宅を廻って町会費を集めて区の会計に渡す、というのだけだったのでまぁ良いや、という事で受けました。これやっておけば今度区長だ区の会計だというのが自分の所属する班に廻ってきた時に、班長やったからという事で免責されるという話でもあったので。そりゃこんなの面倒は面倒ですから、それは正直なところですしだったら楽なのやってお仕舞いにしておこう、と思いますわな。

ところが。自治会長・区長・前班長が3人揃って相談がある、とやってまいりまして。今年の区長と会計を出すはずの班で大量脱会があり、残ったのがなんと3名。3名しかいないのにここから区長と会計を出すのはあまりにしんどい、だって次廻ってきてもどちらかは次も何かの役をやらないといけないって事になるから、だったら我々も抜けたい、と言い出したそうで。で、本来は来年廻ってくるはずだった私の所属する班にとなったのだがこれまた年寄りが多くやってくれそうな人がいない。なので、物は相談だが最悪の場合区長と会計と班長3つ兼任してくれないか、というお話でした。

オイオイオイオイ、最初の話と全然違うじゃないか、とまずそこを班長やっておけば・・・という話を私にした前班長に突っ込んでおきつつ、自治会長に言いました。仕事の内容次第ではやるのが私の許容範囲なら受ける事はやぶさかではないけれど、この3つを兼任する、という前例を作ってしまうのは如何なものか、と。だってこれ、やりたくなければ誰か一人に全てを押し付けても良いのだ、という事になってしまいますよね。やる事自体を検討するのは良いけれど、そこはさぁ、組織で仕事を分担している意味や運営参加者が一定以上いるという民主主義的な組織のあり方という点で宜しくないんじゃないの?と。

そしたら会計だけは誰かにお願いするから区長と班長だけ兼任してくれ、という事に。まぁこれ以上そんな理由で自治会員が減るのも宜しくないし、じゃぁ良いですよ、という事で土曜日に総会と引き継ぎがあったので行く羽目になったのでした。

これがまぁほぼ全て全員賛成で報告も人事も予算も通るのですが、それにしても時間は取られますし、終わったらとっとと帰ってきたけれど、新役員の親睦を、という事でその後に自治会費で親睦会が行われており。そういうのも煩わしいんだろうなぁ、多くの人が。私は仕事がまだ残っているので!と言えますけど、普段付き合いの無い人と、しかも普段ほぼ付き合いの無い顔見知りというだけの年配な方々と要するに飲む事になるのでこれまた苦手な人はいやでしょうねぇ。

てな訳で土曜日はバタバタとしていたんですよ、というお話でした。でも子供会に入っていない世帯がかなり多く、別に子供会行事なんて現代の子供の嗜好とは乖離しているものでもあるので、参加しなくても良いのですが、かといって今の小学生とか子供同士で家に帰ってから集まって遊ぶという事も本当に少ない様で。サッカーとかやっている子供達はそのコミュニティーがありますが、それ以外の多くは基本家でDSかスィッチでゲーム三昧って事に。そうやって大人になるとコミュニケーション能力に著しく欠け、社会性に乏しいままで家庭を持ってしまうと、そりゃPTAなんて要らないとか自治会も入らず近所の人の顔も判らないなんて事になるでしょうよ。本来30代40代とかは違うはずなのにそういう子供の生活を良しとするその世代とその老い先短いから色々と煩わしくて引き蘢る老人が多くを占めてしまっているので、そりゃ地域活動や相互扶助なんて発想はなくなってしまいます。

でもそういう社会はかなり殺伐としているし、その無責任さがネットでの配慮の無い自己拡張による誹謗中傷にも繋がっている気が。誰だって面倒臭いっちゃ面倒臭いんです、金にもならないし本来は興味も無い事。それでも何かあったら助け合うというのは出来た方が良いですし、そのためにはある程度の相互理解はしておいた方が良いのです。日頃やっていない人はいざとなっても出来ませんから。でも役職兼任しないといけないなんてのはかなり末期症状だよなぁ、としみじみ思いましたけど。

今日はこんな感じでしたが、明日は商品紹介をしますのでお楽しみに。では長くお付き合いありがとうございました。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ