February 12, 2018

某小学校の標準服とやらから“服育”について思う事


さて。偶にはこういう話を書かせて頂こうかと。日頃店頭で語る事はあっても、自ら発信して服について語る事ってなかなかないので。

そもそもタイムリーな時事ネタで服についての事なんてなかなかないのですが(クールビズ提唱以来じゃないでしょうか)、泰明小学校(タイトルに使うのはどうかと思いましたが文中では名称を出して書きますw)のアルマーニ監修の制服というのが話題になっていますよね。わたくし、恥ずかしながら結構前からそういった言葉を掲げて服装についての教育というのをネットでも展開している団体があるなんて事を知らずにおりました。服育ネットなる物がありまして、ググるとあっさり出てくるのでまぁそれはそれで興味を持たれたら見て頂くとして。

取りあえず泰明小学校の校長先生の主張によると、

・学区外からも通える特認校制度の対象学校であり、より良い環境下での教育を望む家庭の生徒が集まっている公立小学校のはずなのに、通学時における生徒の振る舞いに対して苦情が寄せられる事があり、自分達はそういう小学校の生徒なのだという自覚と誇りを持ってもらう方法はないかと考えた。

・小学校であっても標準服=制服を身に着ける事で、同じ学校の生徒であるという集団への帰属意識や誇りを生み、自分達の立ち居振る舞いについて考えて行動する様になるのではないか。

・銀座という街にある事から銀座ブランドであり、銀座らしさを持つ小学校としての特徴が生まれるという事でアルマーニ社デザインによる標準服への移行を決めた。

・アルマーニ社なのは打診した数社のうちアルマーニ社だけが対応してくれたからであって、国際的なブランドの服を着る事で観光客が多く国際色の強い銀座にある小学校としての国際感覚の情勢に繋がると考えたからだ。

・それは服に対する教育、服育という教育の一環であり、遊びの時に脱ぎ捨てておかないとか、きちんと畳んで椅子に掛けておくとかそういった立ち居振る舞いも身につけられるのでは。

大体こんな感じの趣旨のことを言ってはいたのですが。

わたくし、服を含む様々な身につける物を売る事を生業にしております。皆様にはそのセレクト、そしてそのバックボーンたる私のそれぞれのアイテムに対する考え方に少なからず共感を持って頂いている方がお客様としていらして頂いている、と思っております。いや別に全てにおいてシンクロする必要もなく、私は宗教をやっているんじゃないので信者の様になって欲しいなんてこれっぽっちも思っていません。それでもそれが個々のアイテムに対してでもそれなりに思考プロセスがあって別注するにしろアイテムをセレクトするにしろその結果になっている、という事はご理解頂ける様、接客させて頂いているつもりですし、なるべくこのブログでもそのプロセスを文言にして細かく書いているつもりです。だからこそ今時にあるまじき(字で)黒いブログだなんて揶揄われたりもするのですが、それでもそこは譲れない基本線です。

さて。そんな私からしての話になりますが、食についての教育である食育という言葉はよく使われますが、服育という言葉があるだなんて最初の方に書きましたがわたくし全く認識しておりませんでした。そもそもが。私はその集団への帰属意識を服装によって植え付ける物が制服だ、という発想を教育として行う事自体がファッショというか全体主義的というか、自由民主主義の概念から逸脱している物と考えます。これが英国の大学のクラブ発祥のブレザーであるとか、アイビーリーグに端を発するスタジャンの様に自ら進んで連帯や団結、友情の証しとしてお揃いの服を作るとか、エンブレム等レギュレーションを決めて服装に取り入れる、というのは自然な成り行きとして良いのですが、本来はそうあったはずなんですよね、学校の制服というのも。でもそれは囚人服じゃないんだから、一歩学外に出たらお前らはその服装で何処其処の生徒だと断定出来て、だからこそ不埒な行いをすればすぐにバレるんだからな、という枷の様な物と考えたら何か哀しいですよね、これ。

そして。今の社会の実状とは乖離した事を書く自覚はありますが、それでも書かせて頂くと、例えば通学途中のバスの中で小学生の子供が煩くしている、人にぶつかったり迷惑な行動を取っていたら、それに対して注意して諭すのが乗り合わせた大人のするべき行為なのではなかったのか。クールジャパンも結構ですが本来の日本の精神性というのはそういう相互扶助や社会性を身につけるのに周囲の大人が関係性に関係なく関与してきたはずだと私は思います。それをせずに苦情を学校にぶつける。お前らの教育がなっていないから子供達がなっちゃいない態度で乗り物に乗っているのだと言われたところで、学校にしても何処迄介入出来るのか、という事になりますよね、そりゃ。学校を一歩出たらそこから後は家庭の教育責任だと学校だって言いたいでしょうけど、今時そういう事を言うとそのクレーマーはより激高するだけでしょうが、私がその対応をした学校職員なら申し訳ありません、社会人としての分別の範囲でそういった生徒を見かけたら注意してやってくれませんか、お手数ですがそれもまた子供に対する大人の責任という事で、と言ってやりたくなりますけどね。

で、少なくとも標準服を採用する意義という点ではこの校長先生の主張は判りますが、服育云々と言ってブランドありきではないといいつつ高い監修料をその標準服代に乗せて負担させる意味は全くこの説明からは伝わってきませんでした。高いときちんと扱って、安いと適当に放り出しておく、という発想自体が宜しくなく、それを身につけさせるのに高い制服にすれば家庭でも高いんだから大事に扱いなさいって言うだろうとかそういう発想は教育的にどうかと思うので。それって物を大事にするという発想ではないですよね。高い物だから大事にする、という発想です。

B.A.Tで取り扱っている物、数千円から10万オーバー迄様々です。それはTPOに応じて使う場が違うだろうし、一切の制約無しに最高レベルの技術を用いた妥協のない作り込みと高価な原材料から生み出される素材を組み合わせた服、というのがあったとして、それがリアルな生活環境に全くそぐわない物であればそんな物は無駄でしかない、と思っていますので、それぞれを使う場やシチュエーションを想定して、その中で如何にオリジナリティを主張しつつ、奇抜な事をやってはっちゃけただけにならない、そして大人の分別としてのドレスコードや色彩感覚を反映させた物を提案するか、という事から様々な価格帯になります。そういう場に応じた服装や自分を取り巻く生活環境からどういう服装をしたら良いのか、というのを考えられる様に教育する、というのがもし服育なるものがあるとしたらそれに当たるんじゃなかろうかと私は思うのです。

それは例えば服飾史を紐解いて、だからこそお父さんはお仕事にスーツで行っているんだよ、という事でもあり、何故スーツじゃないといけないのか、という事でもあり、そういった事を判った上で普段自分達が動き易く過ごし易い格好をしている、というのに合点がいく事が大事なんじゃないかと。学校で楽しくみんなで遊ぶ、昼休みに校庭でドッジボールをする、泥警やる、そんな小学生らしさは我々の世代の時代遅れな発想かもしれませんが、そんな時に一々ちょっと待って、制服に埃が、とかいうのなら制服なんて要らないと思うのです。きちんと装う場できちんと装って礼儀正しく振る舞える事と、銀座というのがどんだけ我が国において上等なお土地柄だと思っているのか知りませんが、お高く止まって子供らしさより小賢しく上等な服着ている選民意識を持つ事とはまるで別、というかそんな事をしても身に付かないと思いますね、私は。

いらっしゃっているお客様とは服の話以上に食べ物の話をしている事が多いので、食に対する意識という点では食育、というのは大いに結構な事だと思いますし、同じ様に出来る出来ないは別にして服についての教育、服育というのをする事は私は良いと思いますが、どうもその全体主義的な発想や大人の都合によるところが目立ち、結果として子供が成長して行く過程で正しい服飾文化を身につける事が出来ないな、と容易に想像出来る様なやり方だと今回の泰明小学校の問題は思うのです。だって標準服という名の制服を既にみんな着ているんですから、それをアルマーニ監修にする意味、全くないでしょうに。十分それで問題行動をすれば学校に苦情が来ているんですから用は足りてますよね。

どうせやるならパターンや縫製仕様について、どうしてこうなっているのか、手間がかかる仕様から動き易さが生まれているならそれを教えて、色々端折って廉価で売られている物ときちんと作られた物がどう違うのかを子供のうちから教える、というのとかが良いんじゃないでしょうか。私が子供の頃であっても食育という点では、合成着色料や合成甘味料や亜硝酸塩といったものに様々な遺伝子異常や発ガン性が疑われているけれど実証出来ていないから使われてしまっている、という問題点等を指摘されたものでした。でもそれ、駄菓子屋で売ってるんですよねぇww
そしてそういった物、子供は欲しいんですよ、どうにも。今考えたら子供騙しなんですが、それでも当時はそういった物を楽しんでいました。現代では食の安全性について基準が厳しくなっているのでそういった問題は解消されていますが、服というのは困った事にそれによって人体に影響が出る様な問題は起こり難いんですよねぇ。だから食程重視されない。でもどうせ教えるならそういった事について教えてあげて、更に自国の産業としての縫製業の実状、その衰退とファストファッションの台頭がどう関係しているのか、とかそういった事を良し悪しとは別に客観的に情報を伝えて考えさせる事は大事だと思いますね。

少なくともそういった事こそが服育だとすると、どうやっても上っ面のプライドというか、虚栄心というのを子供に植え付ける結果にしかならないんじゃないかと思うのです、アルマーニ監修の標準服とやら。これが私立の学校というのならそういった教育方針で西洋の貴族を彷彿とさせる教育をしても良いんでしょうけどね、妙な国粋思想の下に学校を作ろうとした森友学園に首相も首相夫人も少なくともその理念には賛同していた、という恥ずかしい事例もある事ですし。でもこれ、公立小学校ですからねぇ。それが銀座にあるってだけで校長の裁量でこんな事になり、それはまだしもそれを服育だなんて主張されたらちょっとそれはどうかと思っちゃいます。

例えば今でも鉄沈の泥の手染めの糸を手で紡いで手織りする大島紬が高価なのと、アルマーニ監修だから高いのとでは全く意味が違いますし、東京都でやるなら標準のハンカチでも指定してそれは黄八丈で作って制服の胸ポケットに差して登校してくるとか、そういうのなら意味あるでしょうけど、少なくとも子供はこれアルマーニ監修だから、なんてのを大事にする理由や良いものだという理由として理解出来ないし、もしそういう理由で上等なんだと教え込んだら碌な価値観の大人にならんと思うのです。高い金出してそんな残念な価値観に育てるのは私なら勿体なくて嫌ですね。まぁ嫌なら来るな、という事なんでしょうけどね、その特認校制度というのは。

何れにしろ、私としては店頭で心掛けている事の1つが、その言葉で考えた事はありませんでしたがまさにその服育というのをお客様が楽しく興味を持って意識せずにして頂ける、という様にしよう、という事です。お仕着せがましくなく、より世界が広がって多様性の中に本質に根ざした価値観を形成する一助になれば、と思いつつ過ごしております。そして我が国において服についてまともに知識がある人というのはとても少ないと思われます。どうしても衣食住と最初に衣があるにも拘らず、必要度は最後ですから。でもそれはその3つの中で最も文化的な側面が大きいとも言えます。そういう事をきちんと考えて教育をしていって欲しいものですね、小学校。

という事で本日は時事ネタで服についての考察を書いてみました。長らくお付き合いありがとうございます、明日は何か銘作紹介でも、と思っておりますのでお楽しみに。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ