March 31, 2018

春の銘作紹介 vol.2 INVERTEREのSeaisland Cotton Crew Neck Sweater


今日あたりは皆様お花見に行かれている方も多い様で。しかしこの暖かさと1週間満開が早まった事で花粉の飛散量もとても多く、今日いらした花粉症のお客様もしんどそうでした。そんな花見日和にも関わらず、遠方からご来店のお客様もいらっしゃり、貴重な休日を使って頂き恐縮でしたが、それもあって色々と本日も消化が進んでおります。中でもここ数日新作紹介を含めてプッシュした事もあって、オードーンのシャツとTシャツの減りが顕著です。Tシャツは半分近くお買上げと取置きで減っており、シャツもMサイズを1着残すのみになっております。

そして春パンツが豊富に揃っているザチノリバイブド、本日今迄にない生地のバリエーションでアイスコットン使いの物が入荷したのですが、そちらも良い感じです。残り僅かになっている細身の以前のモデルの物も見ていかれる方が多く、春パンツも例年になくバリエーションが揃っているので、こちらもオススメです。

さて、そんな中新作紹介を進めても良いのですが、いらしたお客様の反応を見ていても新しい物が既存の物に対して常にアドヴァンテージがある、という訳ではない、という事で本日はこの春2回目の銘作紹介です。これ、普段なかなかお勧めする機会がないのですが、もう二度と作られないであろう逸品です。


なんとですね、英国老舗のアウターメーカーにしてダッフルコートで有名なインバーティアのシーアイランドコットンのセーターです。写真は直に着ておりますが、薄手のシャツの上にこの手のセーターを重ねるコーディネートはこの時期に丁度良いです。

本来アウターメーカーなのでサマーニットなんて作っていないのですが、このメーカーに関しては日本の輸入代理店が欧州でのセールスもマネージメントしているという事で、代理店の企画としてインバーティアネームでシーアイランドコットンのセーターを作る、なんて事が出来ているんですね。とはいえ、まずこれ企画した1年目は展示会時期が微妙だった事もありほぼボツ。翌年何とか生産ミニマムをクリアしたのがこれまた引っ張った結果遅くなってしまい、投入が5月になっていたのでこれまたしんどく、実際新作紹介で紹介したのは2015年になってからでした。しかもその後展示会に出される事もなく、その一度投入しただけで終了。どうせなら継続してやれば良いのに、と思ったのですが、実際問題サマーニットというのは私は好きだしお客様に提案しても一度使い出すとスウェットよりもコーデし易いので皆様バリエーションを揃えていかれるのですけど、世の中的にはあまり提案されない物でして。少なくとも秋冬のウールのセーターに比べたら1/4もないであろう発注数で、メーカーとして美味しさがあまりない、という事なんでしょう。

しかし。そもそもシーアイランドコットンの16ゲージのセーターなんて、かのジョン・スメドレー位しか出しているところがなく、英国調に使えるベーシックなサマーセーターって本当に少ないので。これは日本のシーアイランドコットン協会の認証タグもついていて、しっかり目減らしして作ったニットソーじゃないニットにして19,000円(税抜)という破格の設定です。実際そのジョンスメと比べたら半額程度です。

綺麗な発色だし使い易いし比較的価格も押さえられていてとても良いのですが、再現性がないという事もあって敢えてあまり声高に押してきませんでした。でも残りがかなり少なくなってきたので。そろそろ銘作紹介で出そうかな、と思っておりました。

そんなこんなで今日の紹介は英国インバーティア社ネームのシーアイランドコットンセーターでした。直着するとシーアイランドコットン、とても肌触りが良いですし、是非お試しあれ。残り僅かなので早い者勝ちです。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

March 30, 2018

春の新作紹介 vol.4 OH×DAWNのHUNTER Shirt


天気予報、ここのところ比較的精度が高い結果が続いており、その通りの結果とはいえ昨日に比べて7℃近く下がった最高気温は体感としてはかなり涼しく感じてしまいます。

今日インポート商社の方と話したのですが、出来ればこの時期ってアウターが動いて欲しい時期で、昨年はこの時期追加発注もあって在庫が動いていたのですが、今年は気温が乱高下するから高かった時の記憶が鮮明で一寸低くなってもアウターを追加で投入しようというお店がない、と嘆いておりました。いやはやもう困ったものです。

さてそんな中、昨日投入されたオードーン。北欧はデンマークのブランドなのですが、自称サーフブランドなのです。おいおい、何処でサーフィンするんだよ、デンマーク、と思いますよね、普通。デザイナーはデンマークで唯一人のサーフボードのシェイパーだと主張するお方で、確かにデザインには海っぽさがなくはないのですが、元々デンマーク、漁師町がある事からマリンニットやヨットウェアなブランドはありますし。そして何より凄いのはそれでいてデザインソースはイームズやヤコブセン等の北欧家具、それ等の独特なインダストリアルデザイン、所謂スカンジナビアンデザインといわれる物から得ている、と言ってしまうんですからそれってどう組み合わせられるのさ、と思ってしまいます。がしかし。それがどういう訳だか上手い具合にバランス良く構築されているんですよ。だからこそこのブランド、切り口は新しいけど好きな人が多いゲートを複数持っており、こりゃ今後ブレイクする予感がする、という事で今シーズンから取扱いを始めました。

今日紹介するのはその中で春のアウター的な立ち位置になっているハンターシャツと命名されたシャツです。

このブランド、展示会では全く気付かなかったのですが、いや、これはもしかしてこういったクリエイティヴな職業の方にはありがちな事なのかもしれませんが、色々と中二病的な側面がある、という事に物が上がってきて実感する事に。いや悪い事じゃないんです、そういう事じゃなくまずデザイン的には実に良く出来ています。襟の大きさと台襟の高さ、ボタンダウンのボタン位置、全てにおいて、いやこれは確かになんかヤコブセンの曲面で構成されていてそれでいて自然の中にいる様な家具作りの世界観が表れているな!と思わされるバランスなのですが、何よりこのシャツを取ろうと思ったのは生地です。ここの生地の当て込み、とてもユニークでしてこれヘヴィなオックスフォード生地なのですが、アップの写真で見て判る様にカーキに近いグリーンとネイビーの交織のオックスフォードなのです。通常白ベースで色々を組み合わせる、基本白×ネイビーでサックスに見えるとか、そういった生地がオックスフォードでは一般的なのですが、これはグリーンとネイビー、森と海を組み合わせて見た目に深緑に見える様にしている1着。2色交織でこの深みを出しているのでなかなかこうはならないな、という独特な表情になっております。しかも洗いをかけて若干毛羽立たせているのもナチュラル感を増しております。それでいて何というかクリーンな感じがするのは北欧ならではといえます。といっても生産はポルトガルなのですが。デンマークデザイン、ポルトガル生産、他にはない生地使いで14,000円(税抜)という実に価格的にもリーズナブルで説得力のあるところです。

で、ここ迄の説明では何処にそんな中二病的要素があるの?とお思いでしょう。ええ、まぁ。ちなみにこれカラーについてもハンターグリーンと命名されております。このブランド同じデザインについては1素材1色で提案している物が多く、このシャツもカラバリ無しのこれ一発なんですが、それでいて色にも名前をつけてしまいます。当然モデルにもハンターシャツなんて付けているのですが、まだそこ迄は良いのです。いやもうこれ写真撮って載せたろうかと思いましたが、いや待て、そこはやはり実物を見て笑うところだろ、と思って思いとどまりました。

・・・ここ迄の説明と写真を見ても、実に良い感じでこれはそそられるなぁ、というシャツでしかないですよね。問題はこのシャツの台襟の内側にあるのです。表から見たらデザイン的には襟のバランス程度でそれ以外は特に際立ったデザインやデコレーションはされていないので、とても使い易いのですが。台襟の内布に刺繍がされております。ブランドの織りネームはその下、ヨークの内側に付いているのですが、台襟の内側にメッセージの様な物が刺繍されておりまして。そこには“BROKEN DREAMS”と刺繍されているのです。展示会では全く気付いておらず、届いて出してみて初めて気付きました。ヤバい、これなんだ。何故この破れた夢達、というのを首の後言ってみれば背負って着るという感じになっているんだ、と。しかもまた、良い感じに同色の糸で刺繍されているんですよ、判り辛く。そうかぁ、ハンターは狩った動物の思いを背負って生きているのかぁ、的なこの演出、いや別な意味でこのブランド、気に入ってしまいました、と書く私も私なのでしょうけど、凝った演出ですよね。

でもとても良い感じで他にはない素材と色です、この位濃いグリーンのシャツでミリタリーな感じにならない物ってなかなかありません。サイズはSとMで取っておりますが、新鮮で価格がこなれていて今日の気温に丁度良いという事でサクッと持っていった方が複数いらっしゃり、既に本日の段階で各サイズ1着ずつになってしまっております。この週末、丁度良くくられる1着でしょう、残り僅かなのでお早めに。

そして。実は同時投入されているTシャツのクオリティとコスパがまた素晴らしく良いのです。そちらは全てオーガニックコットンを使ったオリジナル生地を使用し、2型が天竺に刺繍、1型はなんと3色の鹿の子を組み合わせた、というスペシャルな3型です。こちらも本日既に減りが始まっております。でも流石にまだ半袖の紹介はしたくないんですよねぇ。とはいえ、これ見たら価格的にもサクッと押さえてしまおうと思われる物なので、是非チェックしにいらして下さいませ。恐らくですが、このブランド買い始めたら来秋冬もここのシャツなんぞは押さえよう、という事になると思われ。

インポートウェアの新ブランド、なかなかに良い感じです。ただ1着だけシャツがまだ届いていないので、そちらは来月以降になりそうですが、それはそれで良い感じなので投入をお楽しみに。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

March 29, 2018

散る前のまさに満開、良いですねぇ。


もう全くねぇ、こういう日に限って荷物があって、しかもそれが遅れて。出掛けるのが13時過ぎになるという体たらく。結局昨日書いた通りに雑貨の合同展1カ所に行って、原宿から渋谷迄歩いたのですが、そこでなんかモチベーションが。だってあまりに気温が良過ぎて春休みって事もあり原宿も渋谷も平日だというのに人がまぁ多いのなんの。これきっと目黒川沿いもしんどいだろうなぁ、という事で桜ヶ丘(渋谷駅から代官山方向に進むところですね)の桜を見てとっとと戻ってきてしまいました。

でもまぁ、桜見れたし良い事にしときましょう。しかも散る直前、まさに満開の桜で全く散っていないそのギリギリの感じで咲き誇っているのが実に良い感じでした。開いていく様も今回の様に満開の時も、そして散り様にも美を感じる日本人の季節感の代表みたいな花ですよね、桜。で、こんな感じ。

それでも普通に撮ると人や店が映り込んでしまうので角度付けて桜だけ撮ってみました。

この週末もバッチリ楽しめそうですよね。一応明日から最高気温は18℃前後で落ち着く様ですし。ふう。

さてさて、そして佐川に焦らされて待たされたオードーン、入荷しました。入荷しましたが何故かシャツが2型のうちリネンの方がまだ入荷せず、Tシャツ3型ともう1型のシャツだけ入ってきております。がしかし。このシャツがこれはこれでとんでもない変わり種です。北欧らしいといいますか。ネイビーとグリーンの2色を組み合わせたオックスフォード生地なんです、これ。その名もハンターシャツという名称でしたが、これ今日だったらキツかったですね、ウェイト的に。逆に明日以降は丁度良いと思われます。こんな色の組合わせのオックスフォード、まずないのでこれは凄く良いです。細部にチョコチョコッと遊びが入っているのもなんかそそられます。表からは見えませんが。

そしてそのTシャツ3型も自分のオーダーを自画自賛したくなる出来の良さ。オーガニックコットンの天竺に刺繍をした物が2型、同じオーガニックコットンを使って鹿の子を編み、そしてそれを3色組み合わせたのが1型、どれもばっちりなセレクトです。こりゃ半袖Tシャツにも関わらず、この週末にも結構減りそうな気がしております。そして更に本日判明したのですが、明日ザチノリバイブドの今期のアイスコットンのパンツがオリーブとライトグレーの2色で入ってまいります。そしてこれも待っていた方がいらっしゃいますが、ケスティンヘアの細身のパンツ、この時期に丁度良いコットンウールの物で白黒グレンチェックとブラックウォッチの物が入荷するそうです。なのでパンツとトップス、両方とも良い感じに入ってきますので店頭は賑わいますね。

まだ情報は来ておりませんが、明日もしくは明後日着で更に色々と入ってくると思われ。まさに春本番、ここは是非見にいらして欲しいところです。

さて、花見も済ませたし、書く事書いたし、今日はこの辺で上がります。明日は今日届いた物にするかその前迄に入荷している物にするか悩ましいところですが、新作紹介を勧めてまいりますのでお楽しみに!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

March 28, 2018

明日は展示会廻りというには微妙な感じでして(汗)


この初夏の様な暖かさ、というか暑さも明日がピークの様ですが。そのピークたる明日はまさにピークの暑さ、本当に25℃になる夏日予報が出ています。そんな中意地でも桜を見てやるのだ!!と展示会に行くは行くのですが、本当だったらスルーしたい様な微妙な合同展しかないのです。雑貨系なんですよねぇ。そしてメインになる物がない。来週にはビッグサイトでの合同展もあれば、再来週になるとオーバーザストライプスやエンハンスエレメントの展示会もあるのですが。

がしかし!それでも!!
口実がないと花見が出来ないじゃないですかww

このタイミングでこれはという展示会が1つもないとは・・・まぁこういう年もあるよね、という事で。

しかもこういう時に限って木曜日にいらっしゃりたいというお客様が。午前中はお店にいて午後からなのでチャチャッと行ってくるつもりではいますが、それがまた原宿でして。これじゃ花見をしようにもこれといった桜の名所的なところは通らないんですよねぇ。なのでとっとと済ませて帰りにチョロっと桜を見て帰ってくる、という事になりそうです。毎年恒例という事もあり、何としてでも桜の写真を撮って来ねば。そして明日のブログは桜の写真にせねば!!

そうそう、一昨日進展が!と書いたモンタリアーニ、それもあってか春物のシャツが動いております。リネンを含めて春夏のシャツ、何気に充実しておりますので。そして本日入荷はしませんでしたが、オードーンのシャツは明日届くそうなのでこれはこれで楽しみです。語れるアイテムが入ってくる、というのはありがたい事です。やはり今シーズンはジャケットもさる事ながらシャツに出物が多いですね。

今日もモンタリアーニのシャツが動いていましたが、オードーンのシャツが入荷する週末にオックスフォードシャツも含めて検討しよう、という方が複数いらっしゃる様です。いやぁ、明日の予告をしようにも大した展示会のネタはなく、それでいてもう私の意地の様なものですが、何が何でもこの時期は桜のネタでブログを書こうという事で、明日はお付き合い下さいませ。その代わり明日入荷のオードーンのシャツ等の入荷状況は一緒に書かせて頂きますので。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

March 27, 2018

春の新作紹介 vol.3 PAY DAYのHickory Denim Cover All


こう連日20℃オーバーの最高気温の日が続くと、本当に桜、今週で散ってしまうんじゃなかろうかと思われ。木曜日展示会廻り言ったら是が非でも何処かの桜の写真撮らねば。撮らねばというか何かしらかの桜を見て来ねば。

いやぁ、このインスタ流行りのご時勢にツィッターとブログだけで対応している私としては、お客様の反応があるのはとても嬉しく。とはいえ、スマホなんだし写真撮る時に一緒にもう1枚スマホで写真撮れば良いだけなのだからインスタも使おうと思いつつ、なかなか踏み切れないでいるのです。それにしては色々と反響があり、現時点で先日紹介したルミノアのシャツ、サイズ4でラス1に。今期はシャツの当たりが良く、ホークウッドのシャツもラス1になっていますし、明日にも先だってから告知している自称北欧サーフブランド(だってデンマークでサーフィンするところないんですもんw)、でも切り口もセンスも生産背景も素材も良い感じにバランスの取れているオードーンのシャツ、入荷しそうですし。よくよくオーダー見返してみたらケスティンヘアにも程良い感じのワークシャツ発注してましたし。あれ、シャツ多いじゃん、と改めて思っているのです。オックスフォードシャツのリネンシャツも更に数を減らし、これはもう本当にシャツなシーズンになりそうな気がしております。

そんな中ではありますが、本日の紹介はカバーオール。カバーオールといってもそこ迄ウェイトのある生地じゃないので、これだとまさにこの時期から暫くの間のアウターとして丁度良いものです。

しかも今回はヒッコリーストライプ。写真で見ると盲縞といいますか、目がチカチカしてきそうな感じですが、春ならではといいますか爽やかな感じのするワーク素材ですよね、ヒッコリー。

そして。ストアブランドたるペイデイらしく、全くウェストを絞っていないデザインではあるのですが、最近実はある技法に開眼致しまして。ワークやカントリーなシャツやカバーオール、それはそれで味があって私は好きなんですけどどうしても体型に合わないという方がいらっしゃいます。でも待てよ、元々細かったら太くし様はないけれど、ボックスシルエットなら上手にダーツを取ったら良い感じに収まるんじゃなかろうか、と。個人的にはダーツを取ってシルエットを作るのは邪道だ、と思っていたのですが、モンタリアーニのシャツなんかでもどうやっても1枚生地でしか作れないシャツのシルエットを若干のダーツを取ってスッキリとさせていました。それ見慣れてきたらまぁそれはそれでありかな、と。

で、何が書きたいのかというとこれダーツとってウェスト絞ったら今迄カバーオールは今一つに合わない、と思っていたクロージング好きな方にもお勧め出来るな、という事です。実際ここのところ複数のお客様に提案して、お直し終えてお渡ししたお客様には好評を得ております。なんだこれ上手にダーツ取れるなら今迄無理だと思っていた服一通り着れるじゃないか、と。しかももし年齢を重ねて多少なりとも恰幅が良くなってもその分出せば良いだけですし。

そんな事が出来るので、是非やってみては如何でしょうか、というお話でした。

どうしてもヴィンテージレプリカ系なアメカジワークブランドのサイズ感は大味になっていて、ディテールや縫製仕様はとても素敵で、ここ迄やって27,000円(税抜)という価格設定も頑張っているのですが、如何せんSサイズで殆どが足りてしまう様なサイズ感でして。肩周りはラグランなのであまり関係ないのですが、身幅だけは2本針だ3本針だといった特殊なミシンで縫われていて後からの修正が利きませんが、ダーツを取るという方法ならある程度迄はクリア出来ますので。是非お試し下さいませ。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ