September 08, 2017

晩夏初秋の新作紹介 vol.11 biographyのIndigo Jaquard Stripe Pile Crew


今日は晴れて暑くなる、なんて予報だったのに。1時半過ぎから俄に空は搔き曇り、雷が鳴り始めて3時半頃迄土砂降りですよ、全く。それが過ぎたらまぁ気温も下がって快適快適。夕方迄に雨が上がったのでそれは別に悪い事ではないのですが、そんな天気にも関わらずお客様がチラホラといらっしゃり、やはりこれはという瞬発力のありそうなものから減っております。

実際バイオグラフィーのプレーティング天竺のデッキシャツジャケット、今日も動いて到頭46サイズが1枚残るのみに。そしてそちらを含めて入荷している物をリサーチしにいらしたお客様も気にしていらっしゃいましたが、本日ルミノアのスペシャルアイテムの紹介を、と昨日書いていたのを変更してバイオグラフィーにする事にしたのは、売れ方によるものです。そう、どうしてもインディゴ染めというかインディゴブルーというのはファンが多く、定番的なジーンズであっても生地やシルエットに拘った物は人気で動きも良いですが、それ以上にプレーティング天竺でインディゴ染めだとかインディゴのパイルだとかとなると、出している所自体が少ない希少なアイテムになるので、見てそのクオリティを知ってしまうと欲しくなる方が多いのです。で、こりゃいかん、この週末こちらの方が一気に動いてしまうかも、と思いましたので今日の紹介にする事にしました。

プレーティング天竺のインディゴとこちらとは同じ様で色々と違います。同じブランドの作る生地なのに、しかも同じインディゴ染めなのに生産効率を考えて染めだ糸だを共通にしない辺り、流石としか言い様がありません。こちらの生地はオリジナルで10番単糸という太い糸を岡山デニムとして最も名の知られたカイハラにロープ染色してもらったものです。確かに糸そのものもプレーティング天竺で使っている糸と違いますが、染めもこちらは別にしているんですから凄いこだわりです。

更に凄いのはインディゴ染めの糸の風合いに対してインディゴで染めると表面が染料で摩擦係数が上がって肌触りが悪いのと、白いTシャツ等に移染してしまう問題がありますが、それを軽減すべくパイル部分はそのオリジナルの太番手ロープ染色インディゴ糸なのですが、パイルじゃない地の部分は反応染めで染めたネイビーにして移染や肌触りの問題を軽減しています。その為地の部分は柔らかな風合いなので、これはパイル部分に使われている糸は太いですが、スウェットではなく長袖Tシャツとしてカテゴライズする物と私は判断しております。

事実とても軽快で着易く、リラックス感を出しつつシンプルなのでボトムと合わせ易いです。パイル面を表に出していますが裏返して洗うかネットに入れて洗えば引っ掛かって糸が解れる心配はまずありません。形としてもラグランスリーブで肩山の位置があまり問題にならない上に、首元はリブを折り返したエッジが首に当たるのをなくす為にカットオフ(切りっぱなし)にしています。その結果首元にはボトルネックの様な表情が出て、これはこれで新鮮です。リブの折り返したエッジがないのでこの仕様の方がリブも傷みません。

ここ迄気を使って作られた先染めのインディゴ染めな物としては頑張った価格設定で20,000円(税抜)。長袖Tシャツで2万円てどうなのよ、と思いましたが私の生地フェチな部分がこいつをスルーさせてはくれませんでしたw

でもこれは素晴らしく良い出来です、サイズは44・46・48の3サイズ展開ですが、残りが危なくなってきております。

さて、最後になりますが本日とても沢山の入荷がありました。まだ紹介は先にしようと思っていますが、アレフルードの別注のフクロウセーター、JZやカニエ・ウェストが愛用するスウェーデンのゴム引きウェアブランド“シュトゥッテルヘイム”のライトウェイトブルゾン(日本初上陸です)、ザチノリバイブドのウール糸&コットンインディゴ糸で作ったジャガードカモのスラックス(惚れ惚れとする出来の良さです)が入ってきています。いやこうやって書くと本当に何故そこ迄やっているのだ、と自分でセレクトしておいて突っ込みたくなるこれでもかというラインナップ。しかも今回は今日迄に入ってきているアイテムが全てアンダー3万円という、リアリティのあるコスパも考慮したアイテム構成です。

いやそんな事言ったって靴が控えているから・・・という方の為に本日確認取りましたが、ハインリッヒ・ディンケラッカーの今期の入荷は早くて10月初旬にズレ込むそうです。なので今月入ってくるのはトリッカーズだけですね。となると途端にじゃぁ今月はここのところ紹介されていたり告知されている美味しい秋物に手を出しても良いって事!?になりますよね!!

色々入ってきていますので明日明後日の土日は是非見にいらして頂きたいと思います。例年になくその価格帯で強力な単品が揃うシーズンですので。大物にかまけて見逃すと後悔しますよ、きっとw
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ