October 02, 2017

秋の新作紹介 vol.2 WISLOMのFLAN EWAN 2.0 (MAF Wool Super140's Flannel Shirt Jacket)


今日明日は曇りと雨、そうはいってもそこまで酷い雨ではなさそうなので、秋の長雨という訳にはならなさそうです。出雲に神々が集まる月とされている神無月、いよいよ秋本番ですが、そんな秋の始まる10月1日に届いたのが今日紹介するウィズロムのシャツジャケットです。これはねぇ、どちらかというとクロージング好きな方にお勧めするべきシャツジャケなので、入荷したらすぐ紹介しようと心に決めていた物です。

タイトルのフランというのはウィズロムがこの生地につけた生地名です。このメーカーは毎回生地を自社開発なので、その都度生地に名称をつけているのです。で、MAFというのはニュージーランドメリノウールの中でほんの数%にしかならない、ウールの中でも特に長毛で繊維の細い物に対する認定規格で、その中でもなんとスーパー140'sですから繊維径が16.5μmにしかならない極細の繊維のみを使用してフランネルを作った、というのがこのフランです。しかもこれ、フランネルと言って良いのかどうかが微妙。ここ迄来たらメルトンなんじゃないかという目の詰まり方なので。フランネルとメルトンは基本的に同じ作り方です。フランネルの方が生地が薄くそこまで目を詰まらせていない物なのですが、これは蒸気に当てて整反してという工程を3回繰り返した結果、本来スーツに使われる物であってもかなり上等な物であるスーパー140'sを使うという贅沢さとそれを惜しげもなく縮絨繰り返してフランネルというかライトメルトンにしてしまうという贅沢な工程によって生み出された、滑らかで光沢がある美しい生地になっております。

それを使って作られたシンプルなシャツジャケですが、パターンワークはシャツジャケなのに流石はウィズロム、かなりゆとりを持たせたリラックスシルエットにも関わらず、とても綺麗なアイテムになっております。ポケットのディテールは他にはないかなり特徴的なディテールの物になっていますが、それ以外は上等な生地で作った他にはない物とはいえシャツジャケです。う〜ん、これはあまり多くを書くよりも実物を見て触って着て頂く以上の説明はない、という困ったアイテムですが、この生地で作られたミドルレイヤー&アウターでアンダー4万というのはとてもお値打ちだと思います。39,000円(税抜)とはいえ、この価格となると是非お勧めしたい逸品です。サイズは4と5、MとL相当ですが、秋冬らしいサイズ感でこの時期にはとても使い易いかと。

是非いらして実感して頂きたいものです。
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ